通勤時間の活用法

今の現代人は時間の浪費が多すぎる

時計

今よりずっといい時間を管理する方法は必ず存在する。

自分の人生において時間を管理する事は必須事項です。

そのなかでも世の中には様々な誘惑が存在するかと思います。

スマホのゲームもそうですし、手軽でどこでも遊べるゲーム機器。

今の時代、スマホでテレビも見れるし動画や音楽も楽しめますね。

しかし、あなたはそんな誘惑に負けてはいけない。

時間管理の上達の為にはあらゆる努力をするべきです。


スポンサーリンク





仕事の時間管理

嫌な顔

仕事中は特に重要となり、納期が決まっている仕事。

それ以外にも自分が取り組んでいる事も含めあらゆる物事に時間が付いて回ります。

時間を上手く管理出来るようになれば達成出来る事も増え更に自分の為に使える時間も多くなります。

何と驚く事に日本のサラリーマンの平均通勤時間は約1時間とされています。

これはかなりの時間浪費と言えるでしょう。

勿論バラつきはあるものの、片道1時間で往復2時間、毎日こんなに時間を使っているのは勿体なくありませんか?

さて、あなたはそんな通勤時間を何に使っているのでしょうか。

マイカー通勤だと脇見運転も出来ないので運転時間そのものを浪費している事になります。

車の運転が趣味で運転そのものが楽しいと感じる人であれば何の問題もないでしょう。

しかし、この通勤時間は「仕事をする為」に使われているわけですが給料は勿論出ません、通勤費として支給されていてもそれは給料ではないわけです。

それなのに日本社会では通勤に使っている時間に何か問題があれば労災とされる区分の時間でもあります。

僕としては意味不明です。

この往復の時間を年間で時給計算、残業として計算してみると莫大な時間浪費に気付く人も多いかと思います。

ざっくり単純計算で1年が365日で計算し土日祝日の年間平均日数が約120日程度
365日-120日=245日

この245日勤務し、往復で2時間通勤で時間を使うとしたら2×245=490時間となります。
※かなりザックリですが。。。。

では、かなり安いですが時給を950円に設定

490時間働いたとすれば950円×490h=46万5千500円

サラリーマンのひと月のお給料レベル。。。。

こんな計算ヤバいですよね。

まぁ、こんな無駄な計算は置いておいて、、(笑)

通勤時に何も考えずゲームしたりや満員電車だから何もしないでいると490時間も無駄になっている言う事になりますね。

こうなってしまうとまだ家で寝ているほうが幾分マシかもしれません。

これはかなりの時間浪費です。


スポンサーリンク





通勤時間の有効管理

通勤時間、移動中も会社の労災対象の時間ともされているのである意味通勤も仕事の時間と言う概念を持っていてもいいかもしれません。

しかし、この時間にあなたは何をしているのでしょうか。

目標設定をしているのならば、ゲームなどをしている場合ではありません。

この時間を学習の時間にだってする事が出来ます。

本を読んだり新聞を読んだり。

スマホでも経済ニュース、自分の会社業界のニュースだって読めます。

これを継続してやっていると年間で計算すると?490時間。。。。

自分が勉強を行っている時間が凄い事になるわけです(笑)

この方法を使わない手は無い。

殆どの人が通勤の時間を無駄にしています、娯楽に没頭するのは悪い事ではないのですが、それは完全な休みの日にすればいい。

休みの日に自宅で勉強する気になるのならば話は別。

通勤時間は遊びの時間にしてもいいわけですが。。。。
逆にそんな人のほうが少ないかと思います。

1時間~2時間程度の時間を勉強に使っても今後の自分の伸び方が圧倒的に違いが出てくるのは必然と理解できるでしょう。

今の目先の楽しみに誘惑されてしまってはこの先の優秀な自分は泡ブクとなり消えていってしまいます。

現在の数時間を学びに使うとこの先未来の自分は遥かに優秀な自分を作る事が出来ます。

自宅での時間管理

文面

人にとって使い方はもう様々ですよね。

「あぁ暇だなぁ~」と考えている人が最も時間の浪費が激しい人です。

何もしないでいるとお金が掛からないからいい。と考える人もいるかもしれませんがお金が掛からない時間を過ごすのと、時間を上手く使っていくのとでは意味合いがかなり変わって来ますね。

仮に本を1冊買ってそれがだいたい2000円だったとします、この本の内容が薄いか厚いかは別としてこれを何時間読むのか?によってもお金に絡む時間の計算が出来ますよね。

それに今の時代では結構タダの物が多いので、ユーチューブで教育系の動画も見れるし何だって出来ます。

暇な時間を作るほうが難しい世の中になっていますから、よけいに管理が必要になってきますね。

それに対し邪魔になってくるのが自分の行動に制限をかけるような自分への言い訳です。

何かと〇〇だからと言い訳を作って何もしない人のほうが多いので結果的に時間の浪費に繋がるわけです。

何も考えずに没頭出来る事があればいいのですが気分が散漫になってしまい何からどう手を付ければいいのかわからなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

頭で管理出来ないのなら表を作る。

文を読む

時間の使い方が下手な人が最も苦手とする事でしょう。

何時から何時までにこれをする。と言った時間割表の作成です。

書くのも面倒だと思いやすいのでやらない人が圧倒的に多い、しかし時間を有効的に使いたいけど出来ないと言うのはこの時間割の表を作っていないから出来ないと言う単純なジレンマにハマっている人が多いでしょう。

手書きでもスマホのメモでもいいので時間割を作る事をおすすめします。

何もかも早くする。

ヒーロー

時間を浪費する人の中でもダラダラと遅く行動したりするのはよくありません。

1つ1つの行動を早くする心がけで頭の回転さえも速くしてしまいます、何もしないとか普段の時間を有効的に使わない人の殆どは高年になったらボケてしまうと言う危険性もあります。

お風呂に入る時間を早くしたり、炊事洗濯を早く終わらせたりという工夫もいい習慣でしょう。

コップ1つ取る動作でもいかに早く、そしてこぼさず取る方法は他の事柄にもつながって来ますし、なによりも人生の限りある時間を有効活用する方法なども思いつかせてくれるでしょう。

そして空いた時間で何をするのかと言うのも重要になって来ます。

単にダラダラしたいから嫌な事を早くすませると言う考え方はよくありません、〇〇をしたいから早く終わらせたりや何か目的を持って時間を早くする事をおすすめします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る