仕事を引き受ける時は慎重になるべき。

心理学応用、自分の付加価値を上げる
判断力を身に付けましょう。

仕事を引き受ける時は慎重に。

バカ騒ぎ

仕事を全て引き受ければ皆に感謝され評価される。

そう考えている人は多いかと思いますが、それは大きな勘違いです。

何でも引き受けるタイプの人はずる賢い上司にいいように利用されてしまうだけだ。

散々働かされて、挙句の果てに評価は全くついてこないはめになってしまいます。

今度からは仕事を引き受ける前には、このような事を考えるといいでしょう。

引き受けなかった場合、自分はどんな人間だと思われるのだろうか?

この仕事は自分の目標達成の助けになるのだろうか?

何故、上司は忠誠を示し、奉仕する事を求めるのだろうか?

この仕事を引き受けたら会社の上層部の目にどのように映るのだろう?

この仕事のために本当に自分を必要としているのか?

誰もがやりたがらない汚れ仕事を率先して引き受ければ会社の上層部から「使える人間」として一目置かれる事になるかもしれません。

しかしその一方では「馬鹿だからこんな仕事を引き受けるのだ」と軽く見られる可能性だって考えられるわけですね。

例えばコピーが専門の人間だと思われるのは勿論、得策ではありませんし整理整頓が得意な人間なので適任作業と思われるのも得策ではありません。

何かの仕事を引き受ける時、周囲の反応に様々な可能性があります。

だからこそ慎重に考えて、オファーする仕事を選ばなければなりません。

「不景気な世の中だから仕事なんて選んでいる場合ではない」なんて言葉は自分をモルモットにしようとする洗脳でしかありません。

自ら仕事を引き受ける場合は、本当に感謝され自分にとってもプラスになると確信をもてる時だけにしましょう。

それと注意しなければならないところがもう一つ。

自分から手を上げなくても同僚達が後ろに下がってしまったので1人だけ動かなかったあなたがその気もないのにあたかも立候補したかのように見られてしまった状況です(笑)

ダチョウ倶楽部のお笑いのネタをご存じでしょうか?あのようなパターンにハマってはいけない。

職業がお笑い芸人ならともかく、そうでなければ残り物のような仕事は引き受ける場合、慎重に考えるべきです。

こんな状況に陥ってしまったのなら、一回目は大人しく引き受けるのが得策でしょう。

しかし二回目は絶対にその状況が起こらないように気を付けなければならない。

自分ルールの実践者は同じ間違いを二度と繰り返さない。

周囲の動きに耳を澄ませ皆と一所に後ろに下がるようにしましょう。

自分にもプラスになり感謝される仕事だと確信を持てた場合は率先して突っ込めるように準備も必要だと言う事を肝に銘じておきましょう。

決して自分の安売りはしてはいけない。


スポンサーリンク





引き受けるべき仕事

内容はともあれ、基本的に「嫌だ」と思うような仕事は引き受けるべきではない。

本質的に引き受けていい仕事とは自分が興味を持てたり、その仕事内容自体が自分にとってプラスに思えたり、モチベーションが上がるような内容であれば引き受けるべきだ。

やる気が出るようなオファーは決して逃してはいけない、最初はあまり興味が無かった内容であってもやってみて興味が湧き、やる気が出て来る仕事も勿論あると言う事は忘れてはいけないだろう。

それをきちんと理解した上で引き受ける必要があるし、自分の能力に見合った内容や、その能力そのものを引き上げるような切っ掛けになりそうな事が引き受けるべき仕事だ。

引き受けるべきではない仕事

殆どのサラリーマンは「仕方なく」が最も多い、このような意識を持っている人はそもそも仕事そのものをやるべきではない。

生活の為とか家族を守る為とかを言い訳にしている人はそもそも考えている土台が間違っている。

要は単純に「責任放棄」や「言い逃れ」をしてしまうからだ。何かのせいにしてしまうような仕事の内容。

つまり自分の能力に見合っていない、引き受けても途中放棄してしまいそう。そんな仕事は結果自体も良くならない事が多いので引き受けるべき仕事ではない。

仕事の内容で結構無茶ぶりな仕事もあるだろう、しかしそれを行う事により自分の能力があがるのであればやってみる意義はあるかもしれない。

そう思えないのであれば引き受けてはいけないし、自分が受けた仕事を他人に任せたりや押し付けるようなやり方をするのであれば引き受けている意味が全く無い。


スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る