ブラック企業で生きるためには

信念と勇気

長い勤めには、あなたが信じているルールとは真逆の人達に囲まれて仕事をしなければならない事もあるかと思います。

フタを開けると彼らあ不正や汚職と言う虚無に汚染さえれているかもしれません。

それを強制され変化させられないように抵抗しなければならない時もある。
仕事困惑

そんな時、あなたはどうすればいいのでしょうか?

正直そうなってしまえば一筋縄ではいかない状況のはずです。

ですが、ここで自分の基準をさげ自分自身の価値を下げてしまっては状況はかえって悪化するに違いありません。

そんな時は自分へ高い基準を持たせ、ルールを守り通す事が大切になる。

信念を持ち、それを曲げずに突き進めばいずれは報われる。

たとえそれが仕事で悪い結果が出たとしてもだ。

傲慢にならず無駄な討論はせず、黙々と信じる自分のルールに従い行っていればいずれ上司、直属の上司以外かもしれないが目につくはず。

イエスマンの法則は社畜における基盤かもしれないがあなたはそれに従ってはいけない、従う必要が無い。

ただし、自分にとって良かれと考える事にたいしてだけだ。

自分にとってと言うのも「自分良ければ全てよし」とする考えはよくない。

勿論その中で相手も「自分も悪い」と認識はしているだろう。

だからと言ってあなたまで腐ってしまっていいわけがないし、腐った卵を誰も食べたいとは思わないだろう、時に腐った卵を食べたとしても体調が悪くなり後々大変な事態になる。

これが心の病気と言うものである。


スポンサーリンク





日々の蓄積

僕が体験した駄目な会社と思った会社ではそれが日常茶飯事に行われていた。

隠滅を繰り返し、上層部にへは綺麗事しか言わない。

勿論社長はそんな事をされているなんて疑う余地もないだろう。信頼出来る部下がいなければ会社は成り立たないと信じている。

そのような考えの弱みに付け込む部下がいたと言う事だ、これは嘆かわしい事でもあるがそれを見抜けない社長も社長だ。

こんな環境では従業員が異議を申し立てたところで通るはずもない、上司と言う名のフィルターがかかるからだ。

しかし、このような会社であっても成長出来る事もある。

それは孤独な戦いに負けてはいけないと言う強さを獲た。

僕はその会社に長くいるつもりは無かったので数年で退職したがある意味、良い経験となった。

部下や社長以下クラスの社員までもが腐ってしまっては会社の経営はおろか倒産させかねない事態になりうる。

あなたは彼らのような仕事をしてはいけない。

「目先だけの利益を考えた行動」はやらないほうがいいと言う事だ。

そこに加担してしまっては会社自体終りが近いと言う事だ、行いに反省し、もう1度やり直すとしても、その体質が染みついた会社では立て直す事は至難の業となる。

こうなってしまっては隠滅に隠滅を重ねなければ存続出来なくなってしまう。よくニュースで取り上げられている事があるが、殻を向いた腐った卵が見えた瞬間だ。

信念を強化する。

大体の人が正直で立派な人生を送りたいと思っているでしょう。

日本は団体行動主義者が多すぎる、皆ここで最初に声を上げたくないだけだ。

腐った卵からはヒヨコは一生産まれない。

ようするに人間として進化出来ないと言う事だ。

それもそのはず、日本国も元々は独裁国家だった、批判や反社会的行動を避けるために「上は正しい、上には従う」と言う概念のもと小さい頃から教育を施される。

この中には良い事とさる事も含まれるが基本的には服従心が強化されてしまう。信念と言っても服従する為の信念を植え付けられてしまう。

よって、基本的には皆と違う行動はイコールいけない事なんだと無意識にインプットされてしまうから声を上げる事が出来なくなってしまいやすい。

それに輪をかけて腐った環境では自分も腐ったほうが簡単で楽だからそうなる、でもそうなってしまっては人生の最期を迎えたに等しいだろう。

腐った
注意して聞いてほしい。

あなたが率先して信念を持って勇気を出せば、それ従う人も必ず現れるはず。

残念ながらそれは全員ではないだろうけど、たとえ少人数でも味方が出来たとすれば心強い、1本の藁も束になれば草鞋となる。

草鞋が作れたら遠い所まで旅が出来るようになる、つまり見える範囲が広がる。

自分の見たい世界が見えるようになると言う事だ。

さらに決意を固め正しいと信じる事を実行出来るようになる。


スポンサーリンク





勇気と希望

トップへ戻る