恋人と喧嘩をして仲直りする方法

どうやって仲直り?

熱血恋愛中においての脳機能では熱愛中だとドーパミンやらノルピネフリンやセロトニンやらがドバドバ出ている状態。

ときめいたり、ワクワクしたりするのはそのせいです。

しかし年中そんな状態をキープ出来るはずもありません。

お付き合いを初めてどれほど経つのかも大事だったりします。

時には喧嘩もするはずです。誰だって喧嘩は嫌なものだし心がガクンと来ますよね。

酷い場合はこんな風に。。。。

落ち込む

もぅダメだ。。。。。

昨日はあんなに仲良く過ごせたたずなのに。。。。今日はなぜかつまらない事で喧嘩になってしまった。

そんな事はよくある話。
しかし、面と向かって話してもお互いが感情的になってしまい会話どころじゃなくなってしまいます。

話しても理解してもらえない気持ちからまたもやイライラ!相手も勿論イライラしてしまいます。

謝れば済む事を見栄を張って謝れなかったり、怒りに任せてある事ない事言ってしまったり。

結局後味が悪くなってしますだけ。。。。。

「お互いがイライラ」してしまうのは互いが共鳴している場合もあります。
相手のイライラが伝わって自分もイライラしてしまう現状です。

仲がいいと言う現れでもあったりするのですが、間違った対応でずっといると心も体も離れていってしまう可能性があります。

話し合いの時はお互いの顔を見て話すのが筋だと考えている人はレッドゾーンかもしれません。

この場合に対応すべきやるべき事とは。


スポンサーリンク





☆電話・通話☆

スマホ

冷静に話をするにはこれが一番いい方法です。

お互いが冷静になるためには電話や通話です、これが丁度いいツールだったりします。

メールやラインとのやり取りだと少々感情表現が限定的で伝わらない部分も多くなります。

仮に僕が今笑いながらこの記事を書いているのか?

それとも、泣きながら書いているのか?

それはこの文章だけではあまり伝わらいのは理解出来るかと思います。

伝えにくいから普段も(笑)やwのマークを付けたり、スタンプを使ったりと日々工夫はしているかと思いますが声は聞こえませんね。

感情が伝わりにくいので誤解が生まれたり勘違いが生まれたりするわけです。

しかし電話で話す事で、言葉と気持ちを伝えやすくそして、互いの顔が見えないので相手の気持ちや状態を理解しようとする心理が働きます。

顔を見て話すともろに相手が見えるので喧嘩している時は冷静になりにくく自分の意見ばかりが先行しがちになり落ち着けあいにも発展しかねません。

それを抑え、お互いが客観的に冷静に会話が出来る環境にもっていく事で、仲直りがしやすくなると言う事です。

実際にやってみて下さい。

最初は電話ごときでそんな事ないように思えるかもしれませんが、「相手を理解」するつもりで話してみて下さい。

「ごめんね」の言葉1つ出ても相手の心の緊張が解けるでしょう。

それに、どちらかが悪いと言う気持ちを伝えた場合、

「こっちも言い過ぎて悪かった」となるパターンも多いはずです。

喧嘩してしまったらまずは冷静になる事が優先です。

冷静でない状態なのにきちんと会話が進むとは思えませんし、守れないような変な約束事に約束したところで守れるはずもありません。

憤りなどをを感じた場合や自分達が冷静になれない、もしくはなれていないと感じたら少し距離を置く感じで電話で話す事を考えてみて下さい。

特につまらない事で喧嘩してしまっても、その時は真剣に考えている「つもり」かもしれませんが互いが冷静になれたら笑い話にもなるものです、二人の思い出にもなりますし、互いの成長を認め合える事にも繋がるといいですね。


スポンサーリンク





トップへ戻る