仕事のサボり方!出来る人のサボり方。仕事高速処理

今回のタイトルはちょっと刺激的ですね(笑)

決してふざけているものではなく大真面目な話ですが。
ビジネス系記事にサボれとはなんだ?!と声が聞こえてきそうです(笑)

まぁ、これにはちゃんとワケがあります。

高速移動

仕事を忙しい忙しいと言う人は基本的には仕事に時間をかけ過ぎていて比効率的な仕事をしている事が多いです。

まぁ、「忙しい嘘」を口実に難を逃れる人もいますが率先的ではないので伸びしろもそれほど高くはないでしょう。

勿論、どう考えたって無理なものは無理~~(>_<)

っと言う仕事も確かにあるかとは思います。

しかし、気転と思いつきなどで以外と結構、どうにでもなる仕事も沢山あったりします。

1つ1つの仕事を1つづつ時間を掛けて丁寧にしていたら日が暮れてしまうのも事実ですよね。

だからと言って雑にしろと言う事ではありませんが、仕事にたいして高速処理を行いたい場合は最初はどうしても雑になります。

そんなの気にしてはいけません(笑)ここで蹴躓いてしまうと途中で諦めるパターンも増えてきますから。

単純に言えば自分の頭速度や体の速度を早くすればいいだけです。そうするには日々の訓練が必要なのですが、慣れてくるとなんて事ありません。

ここで大きな落とし穴があるのですが、この高速処理は基本的に会社はあまり推奨しません。

「安全にしろ」「確実にしろ」「失敗無きようにしろ」と言う保守的な人が多いからなのでしょう。

勿論、安全に仕事をこなさなければ会社も困ります、無茶をして怪我でもされてhたまったものではありませんし、労災で落とされても困りますから全てを自己責任として覚悟を決めれる人のみが生きる道なのでしょう。

険しく感じますが単純に安全に高速にすればいいだけの話です。

その方法を見つけて行くのが高速処理の面白いところであり本当のリスク管理とも言えるでしょう。

並列処理をする

並列

言葉の通りなのですが1度に複数の仕事をこなす事で時間を短縮出来ます。

「1つ1つ確実に」とよく言われますがそんな事やっていては日が暮れますから。

仕事を複数こなしながら複数に慣れていく方法です。

この方法は僕が今まで試して行ってきた事なので立証済みですがエビデンスは出しません(笑)

ズルいでしょ(笑)

例えば、今は1つ30分掛る仕事があったとします。

これを素早く15分で片付けれるようになったとすれば?
今までの15分が浮く事になりますよね?

15分でなくても20分でも10分浮きます。
そんな考え方して仕事していると。

結構サボれちゃうんですよ(笑)

まぁ、サボると言っても実際は僕だと目的は違うんですが。。
しかし、昔はよくそんな事を考えて仕事をしていました。
元々車が大好きでカーレースも好きでコンマ0001秒の世界のレースや、カートレースをやっていましたのでタイムトライアル的な思考でそうなったのかもしれません。

F1カート

今では輪をかけて一度に3~4個の仕事を同時にこなしたりもしています。

まだまだ少ないといったところですね。

これは並列処理って言いい、複数の事をまとめて考える方法。

単純に説明しましょう。

図にしたほうが解りやすいと思い書いてみました。

まずはシンプルに考える方法です、頭の中でイメージ出来るようになって下さい。
並列処理

30分の仕事はそのままとして、15分の仕事を30分の仕事とかぶせて、同時進行してみましょう。最大で2個の仕事でいいわけです。

ここでは並列処理のみで時間の短縮は行いません。

そうすると?休憩時間が15分しかなかったのがこんな単純な工夫で休憩時間は30分に増えました。

最初は難しく考えてしまいがちですが慣れてくれば余裕も出てきます、日々これを考えて仕事に取り組まなければ時間を短縮する方法は見えてきません。


スポンサーリンク





単純な計算なので実践では少し手間取るかもしれませんが、日々、このようなスタイルを頭に入れておけばサボるなんて容易ですよね。

そうしていく内に、気付けば仕事がかなり早くなっています。

これに上乗せて、30分を20分に、15分を10分へ。。。。

そう考えると、実際の仕事ってかなり時間を作る事が出来ます。

会議のような時間に制約がある部分は別として、毎日会議ばっかりってのもはたまたおかしな仕事でもあるでしょう。(どんなけお喋り好きで日本語下手なんだよレベルですよね)

まぁ、社長クラスになると考えものですが、会議ばっかりの社長なんて会社、僕なら作りませんが(笑)

職種によって時間短縮の具体的方法や考え方は異なりますので具体的アドバイスは出来ませんが。

それに気付くのはズバリあなたです。

落ち着いて、仕事をスムーズに的確にこなす方法はあなた自身が知っているはずですから、それに気付くようにしましょう。

仕事をやりたくなければ素早く、確実にこなせば時間は余ります。
「面倒だなぁ~」とダラダラ時間を掛けていては終わるものも終わりません
し、時間を無駄使いするだけです。

嫌なら早く終わらせる。

これに尽きます。

好きなら勝手に早く終わりますからね。

こうやって日々、並列処理と高速処理をやって自分のレスポンスやポテンシャルを高めて行きましょう。

そうすればそれにどんなイレギュラーな仕事が舞い込んで来たとしても、時間にも余裕が出来るし素早く的確に行動出来れば問題無しですよね。

っと言う事で、仕事をサボりたければやる事をキチンと確実に高速にこなせばいくらでもサボっていいでしょう(笑)

っというのが僕の考え方です。

昔はよく怒られた~「昼から来るな」と。。。。(笑)

自ら崖っぷちに陥れるとですね、昼から来ても夕方には仕事終わるんですよ。

トップへ戻る