女性をデートに誘うテクニック

女性をデートへお誘いするテクニック


心理学を応用したさりげく誘う方法です。

※これは本やテレビで伝えられてるようなものではありません

一概に「こうすればこうなるとか?こう言えばこうなる」といった事でもありません

と言うと面白くなくなってしまいそうですが、効果はあります。(立証済みですから)

因みに、怪しいタイトルですが変な勧誘とかしないのであしからず(;´・ω・)

一発で誘いにのってもらう確率を出来るだけ高くする方法です。



スポンサーリンク






誘う事の本質

変な顔

まぁ、誘うって言っても誘い方は様々です。

簡単に申し上げますと。

その時の状況や状態、環境などが心理に影響するからです。

前回もお伝えしたように、女性の心をつかむ事から始めます。
相手の状態が今どんな状態なのかを察知したうえでの心理学応用となるわけです。
ホント、こんなネタばらししていいのか?(笑)と思っちゃいますが、これくらいは大丈夫です。
これをマスターしちゃうと無敵になっちゃいます。
まずは、自分を変えて行く事をおすすめします。

殆どの人が誘う方法・手法に囚われがちですが最も重要とされるものは、そう、自分自身が変わる事なんですね。

その概念は相手を変える為には自分も変わらなければならない

相手をコントロールするには自分をコントロール出来なきゃならないこれにつきます。

だからと言ってガッカリしないで下さいね、簡単な方法ってのは勿論あります。

でも、小手先だけの

よくある毎日、今だけバーゲンセールみたいな方法教えても、全然意味ないんで。

自分を変える

ゾンビと美女

自分を変えて行く方法なんですが、まずやっていただきたいのが相手を「視る」って事です。

じろじろ見るんじゃないですよ?どちらかと言えば観察とか考察と言ったたぐいの見方になります。

例えば、気になる人の自分に対しての接し方と他者との接し方の「違い」

もし、会社や学校など毎日会える人なら好都合です。

見ている時間、接する時間が長ければ長いほど相手の女性への理解が深まっていきます、ここで注意して頂きたいのが。ストーカーになれとは言っていませんので勘違いを起こさないで下さいね。

付きまとう事は法にも問題が出てきますし、そもそも相手の女性に確実に嫌われます。

無益な感情思考は止めましょう。

注視しなければいけないところはと言うと、同性との話し方と異性との話し方の違いなど、何に反応して何に興味が無いのか。どんな人が好みでどんな人が苦手なのか。これは様子を伺ったり、少し話してみても理解は深まります。

このように些細な会話や仕草を見る事で相手の状態を探る事が出来ます。

あの人にはこんな態度、この人にはこんな態度と比較出来るところは様々ですが相手の一つ一つの行動をとって見ていればどうしてもその「心意」ってもんが見えて来ます。
それをコツコツと行う事で誘いのテクニックってのが磨かれていき、その状況と状態に応じて臨機応変に考えた行動が可能になってきます。

慣れて来ると行動や仕草で大体の事は何を求めているのかどうかってのも正直解ってきたりしちゃいます。

反応を見る方法

宝箱

まぁ難しい本質はさておき(笑)

簡単な方法もご紹介しましょう。
それは

「何かをお願いする」

これを試してみるのもいいかもしれません。

単純にお願いするんではなく。

簡単な事からお願いしていきます。

学生だと仮に、筆箱忘れちゃって、、、、鉛筆貸して?(今の時代はシャーペンか・消えるボールペンか。)

OLだとスマホの充電器忘れちゃってちょっと貸してくんない?とか、メッチャ笑顔で丁寧にお茶を頼むとか。
簡単な事からトライしてみましょう。
まぁ、その時断られても凹む必要はありません。

それは断る事が普通だと考える女性もいるからです。

その時は気分じゃなかっただけだから(笑)と言う女性も実際います、全く関係がないのに不機嫌を他人に向けたりする場合もありますので気楽にいきましょう。

ここでも注意して頂きたい事があります。
全く同じお願いを何度も何度もしないように、当然と言えば当然なんですが相手に「馬鹿じゃないの?」って思われる可能性があるので。

ほら、よくあるじゃないですか。昔は大笑いできたお笑い芸人も数週間、数か月経ってても同じネタやられていたら笑えないでしょ?

もし断られたとしても相手の動きは見ておいて下さいね。
お願いが成功した時と、失敗した時の相手の態度の違いなどを見たりして下さいね。

その先にあるものは、、、、、、、、、、自分で確かめてみて下さい。(笑)
きっといい方向に向くはずです。
仲良くなれたら、本当のお願いをしてみましょう。

簡単過ぎますが今回はこのへんで

それでは~

仲良し



スポンサーリンク





トップへ戻る