仕事で手抜きはしたくない!!手抜きしない方法


 毎日同じような仕事ばかりだと
慣れるのも早いだけにマンネリ化
するのも早いはず。
 仕事に手を抜いたつもりじゃないのに
結果的に自分の仕事ぶりを客観的に見た時
いまいち手を抜いてないか?と思ってしまう
事はないでしょうか。
 無意識に起こってしまう手抜き。
それってどんな原理なんでしょう~~
 人は集団行動になると自然と手を抜いてしまう
傾向性があるんですね。
 例え自分が常に全力だったとしてもです、それは
人数が多くなれば多くなるほど手抜き度も酷くなって
きます。
 1対1だと互いに意見を出し合ったり出来ますが
会議やミーティングの時などではどうでしょう?
 喋る人は決まってこの人とかなってないですか?
逆に質問されても話せなかったたりしますよね。
 大人数を前にすると無口になってしまいます
 恥ずかしい、誰かが答えるだろう、目立ちたくない
等それぞれ思いは違うかもしれません
 これこそが無意識に手抜きをしている証拠ですね
 よく皆で力を合わせて頑張ろうぜ~~!!ヽ(^o^)丿
と言ったりしますが、残念な事に人数が増えるほど作業
効率は下がってしまいます。
 人数が増えると「他の誰かが頑張ってくれるさ~」と思い
ながら1人の力が弱くなってしまいます。
 これをリンゲルマン効果って言います
 こんな事をした事はないでしょうか?
2人で荷物を運ぶ時は左右の力加減が大事ですが
片方どちらかが手を抜けばすぐにバランスを崩し荷物を
落としてしまいます。
 こうなる事は2人とも理解しているので勿論手を抜かず
二人で力を合わせ荷物を運ぶでしょう。
 しか~~し
これを10人で運ぶとなったら?
自分を抜いても9人いますから、自分が頑張らなくても
他の人が頑張ってくれるから大丈夫だ!と脳は認識します。
自分が全力を出していると思っていても実際はそれほど力が
出ていなかったりするわけですね~
 これを打破する方法も確かにあります。
少人数に編成して展開すればそのデメリットは克服できます
2人グループであれば2人3脚で仕事をこなせますし効率が
一番いいでしょう。
 2人を1グループとし展開
これを相棒制度と言います。
 
 こうする事で作業効率の低下を抑える事も出来ますね。
 ちなみに心理学の実験で
綱引きを複数の人にやって貰いました。
一人の力が全力で100%としたら?
 2人で綱引きした場合1人あたりの力は93%
8人だとなんと49%しか出でいないと言う結果が出たのです。
凄いですよね(笑)手抜き感半端ないです(*´ο`*)=3
どんなけ手~抜くねん~って思っても本人達も自覚はあまり
 ないはずですから仕方ないですけどね(‘・c_・` ;)
輝優 伸でした☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る