感情的な人はあまり賢くない?


感情的になる人間は単純な人間である
場合が非常に多い。
だからと言って感情を抑え込むのではなく
相殺したり理解で感情をどうにでも出来る。
実際の所これが可能なんです。
そして感情的であまり賢くない人は
自分の価値観から外れると物凄い勢いで
怒るがそうでないと激しく肩入れする傾向があります。
こんな人は単純で、どのような時に怒り
どのような時に喜ぶのかを頭に入れておいて仲間にすると
心強い味方にもなってくれる。
ときには用心棒代わりになり、自分の手を汚さなくとも
好ましくない相手に対して怒鳴ってくれたりもする。
怒鳴られるかもしれないと言う不安を周囲に与える事も
出来るし、気に入った相手には愛嬌を振りまき大声で笑い
、場合によっては一緒に泣いてくれたりもします。
しかし、この種の人間は自分の感情をコントロール出来ない
ので、ときに大きなトラブルに巻き込まれる事もあります。
上司と喧嘩をしたり、取引先で怒鳴って帰って来たり(笑)
っとまぁ、ある種のフォローが必要となります。
この種の人間を改善する為には?
そんな簡単にそうそう自分の思い通りにならない事を
思い知る機会を与える必要があるはずです。
厳しい環境の仕事を与え、理不尽な取引先の人間と
付き合うとどれほど怒りを抑え込まなければならないかを
教える必要性がありますね。
無教養
無教養丸出しの人、今さら教養を付けさせようとするのは難しい。
教養に興味を示さないから無知でいるのだろう。
これから教養に関心も無ければ成長も無い。
言いたくはないですが、この種の人へ高レベルな
仕事を任せるべきではありません。
「教養が無い」と言う事は狭い価値観で判断し高レベルな思考
ができない。
仕事に就いても期待は出来ない、ありきたりの仕事をありきたり
にしか出来ない。
これまで、黙って物を作ればよかった時代にはコーチングが無くても
他に太刀打ちできたはずですが、今の現代では
それでは済まされない。
自分自身で様々な情報を読み取って的確に判断しなければ
ならない。
その為には、はやりコーチングが必要となります。
自分が価値のある仕事をしていること
自分にはその仕事がもっとも向いていると思う
ように仕掛ける事が大事です、
そして満足しその仕事に精を出すように言う。
そうする事によって本当に優れた仕事をする事に
なりますね。
淡々と言えば簡単なようにも感じますが、実際これを
継続してやるのも労力が必要になる事だとは思いますが
効果は絶大です。
こちら側から心を折られないようにしましょう。
輝優 伸でした☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る