愚痴、不平不満を言わないようにする


無意識に自分を駄目にする。
会社で愚痴ばかり言ってはいないですか?
不平不満ばかりを言っていませんか?
そんな事では自分を好きにもなれないし仕事が出来る
ようにもなれません。
出来る出来ないの根底はそこからやって来ます。
同僚はズルをしてサボっているが自分の仕事は増えるばかり
上司は無能でサイコロで何かを決めたかのように言う事が
コロコロ変わる。
出世してゆくのはズルい人や無能な人間ばかり。。。。
仕事量は多いし、意味不明な社則も多い。
周りを見渡してもバカばっかり。。。。
実にその通りです。
人生は公平ではなく不公平な事ばかりですね。
でもそれって自分に問題があるかも?って
気付いたり考えたりした事ありますか?
では、ここで考えてみましょう。
今ここでなくても。
文句を言い愚痴を言い不平不満ばかりをぼやいた所で
何になるのでしょう?
持論になりますが
愚痴ばかり言うのはたいした仕事もなく遣り甲斐も感じていない
悲しい暇人の人達が考えた暇つぶしにすぎません。
不平不満は何も生み出さないですし非生産的で何のメリットにも
繋がらない自分で自分を駄目にする行為でしかありません。
そこから来る変性意識、つまりネガティブな言霊でしかありません
から行動も必然と無意識ネガティブに陥ってしまいます。
そうする事で結果として不幸な自分を演出し周りに不幸をまき散らす
事になるわけですね「無意識」にです。
だからと言って「黙って死ぬほど馬鹿みたいに働け」と言う意味ではありません。
逆にそんな人はどんなイメージが植えつけられるのでしょうか?
器が小さいと思われ。
ネガティブな発想しか生み出さないので魅力のない顔になり、
なおかつ時間を無駄にし。
類は友を呼び愚痴っぽい人間ばかりが自分の周りに集まります。
勿論、他社からの評価は地をはい回る程に低くなります。
こでにより何でだ?何でだ?!となり自分のモチベーションも自ら
下げる事になり負の感情螺旋に陥ります。
申し上げると。
見ているだけで目も当てられません。
しかし、実際は「愚痴を言うな!」と言ってもついつい考えてしまうし
ネガティブに考えるように変性意識が組みあがってしまっているので
簡単には抜け出せません。
ではどうやって?
いい方法があります!
自分が愚痴を言っていると自覚があればどうすればいいかおのずと理解出来るでしょう
まずは次から愚痴や不平不満を言う場合は、その解決策、解決方法も一緒に考える事です
解決方法を理解して実行出来るのであれば不平不満を言って
もいいし考えてもいいと言う自分ルールを作るのです。
解決策も考えずに愚痴や不平不満を言うのは勿論禁止です。絶対禁止です。
そして自分ルールをぶち壊そうとする人達も必ず現れます。
他人への不満や愚痴にたいしては絶対に乗らないようにしましょう。
自分が他人へ不満があるのであればその出来事の日、その日のうちに直接ぶつける
ようにする事。
次の日なんてもう遅い、仮に自分は覚えていたとしてもその人は理解不能にもなりかね
ないし、ズルズルとそんな事引きずるのも自分によくありません。
もしぶつけ損ねた場合キッパリ忘れる事。
相手が居ないからと言って陰口は禁物です、またネガティブ連鎖を引き起こす事になります
から禁止です。
直接不満をぶつけるようになれば、他社も一目置くようになり文句を言われないように
なるし常に前向きな自分を呼び覚ます事が出来ます。
これを頑張って一週間継続し続けてみて下さい。
もうあなたは自分の愚痴で自分を殺さずに済みますからね
ポジティブ思想の極意の1つ
愚痴無くして自分を制すです。
輝優 伸でした☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る