プチ目標を作って楽しく仕事をしよう!


あなたは楽しめない仕事してませんか?
もしそうなら人生勿体ないですよ?
仕事を楽しむ方法の一つとして有効なのが
1つ1つの作業にも目標を作る
仕事が楽しくない人によくあるのが目標が無い事。
目標が無ければ仮に何かを達成した場合
達成感が生まれませんよね。
毎日同じ事の繰り返しで楽しくない。
しかし、毎日同じ事を「達成」しているのではないですか?
この中にプチ目標を作りましょう。
物事は全て考え方から始まります、目標さえ設定できれば
不可能も可能にするくらいの効果が生まれます、難しく
考えずゴチャゴチャした目標はいりません。
あくまでもシンプル簡単に作りましょう。
簡潔な一文にまとめた目標がベストです、それがあれば
正直、どんな日もその言葉を励みに乗り切る事ができます♪
仕事でも出来るようになれば当たり前になってしまいがち
しかし、普段の当たり前は当たり前ではありません。
日頃から皆は「成せば成る」の繰り返しを行っています。
勿論、成さねば成りません、当然です。
少しの成りが大きな事に繋がる、それを忘れてはいけません。
“>☆目標の作り方☆
例えば今から会議に出るとしましょう。
いつも聞き飽きたセリフが行き交いダラダラと会議が始まります。
退屈で眠気MAX、生産性も無く話も大した進展もなくイライラ。。。。
トラブルがあれば誰の責任だの、誰が悪いだの。
話はいつの間にか脇道にそれ対して関係のない内容になったりもする。
こんな場合の目標設定。
自分はこの会議では、自分が知っている事、理解できる事だけを
抽出する、自分が前向きに関わる事だけを聞く、話す。
例えば今からエクセルの入力をするとしましょう。
いつもやっているこの入力作業、ああやって、こうやってと昔は
教わったが今は慣れてしまって誰から教わる事も無く淡々とこなして
いる、勿論たまに入力ミスをやってしまい上司から怒られる事もある。
入力ミスは仕方ない、人間なんだから間違いもある。
しかし間違いが起きる度に訂正地獄が自分に襲い掛かる。
こんな場合の目標設定。
このエクセル形式自体、自分に合っているのか?何を間違えやすいのか
を考えよう、そしてエクセルを学ぼう。
そうして自分に合ったエクセル形式を考えて自分用に作り変えてしまおう。
例えば今からオーダーを受けた食べ物を作るとしましょう。
いつも作り慣れた器具で食材を使い、当たり前のように慣れた手付きで
ササット作ってしまい、いつもの手際で難なくオーダーをこなす。
勿論当然だ。毎日の事なのであくびをしながらだって作れる。
こんな場合の目標設定。
いつもフライパンを右手で持っているが5回に1回は左手に持ち替えて
作ってみよう、左脳と右脳の活性化が出来て両利きになり調理技術
が向上する。創作料理のアイデアにも繋がるかも。
上記は僕自身が今まで遊び心を持って仕事をしてきたアイデアです。
まだまだ沢山ありますが、自分にとっての自分だけの目標が大事です、
求められた、強制された目標はあくまで会社の目標であり、自分の
目標ではありません。
日々達成して行くだけで嬉しくもなりますし、余裕になってきたら自分に
とってもうワンランク上の目標を設定し直せばいいわけです。
勿論、その会社目標は到達しなければならない目標となりますが。
プチ目標を作る事で本来の目標到達を簡単に単純にこなす事が出来る
ようになります。
急がば回れと言ったところでしょうか。
しかし、実際はプチ目標を作ったほうが先々の目標達成の早道に
なるわけですね。
このようなプチ目標を設ける事で、今は役に立たないかもしれないけど
後々に役立つ事も沢山あります。
そしてなにより楽しみながら仕事をこなす事が出来ます。
考えてみて下さい。
年間で仕事に費やす時間は何時間あるでしょうか?
その中で嫌々やっている時間のほうが長いのは人生の損失です。
全ての時間が楽しければ、プライベートでも楽しめます。
楽しめたほうが断然お得感がありますよね。
お役に立てれば幸いです♪
輝優 伸でした☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る