昇進の仕組みを学ぼう!


一つの企業に属し長年勤めて行くと
これからの経験と年齢を重ね実績を積み上げていく
うちに憧れていたもしくは見上げていたあの
マネージャーや経営トップの地位に就く事にもなるはずです。
それどころか得た経験を活かし会社を辞めて独立すると言う
目標を持っている人もいると思います。
しかし、競争率も激しく役職と言うポジション自体、難しいと
考えている人も少なくはないでしょう。
会社によっては年齢給の所もあり、実績があっても
年齢がなければ昇格出来ないや、勤務年数が無ければ
上がれない所もあったりします。
あても無くさまよいある程度のポジションで満足してしまう。
そうなればゲームオーバー。
あとは気楽に時間と共に流れて行くだけ。。。
このように人生を本当に望む人はいるのだろうか?
とよく僕は考えたりします。
しかし、僕が書いている記事を読んで頂いている方は
そうではないはず。
読んでいる事が業務でもありませんよね。
興味、あるいは学び、趣味。
人によって考え方や捉え方は様々ですが、あなたには
プランがあるはずです、そのプランを実現する為に競争
を勝ち抜くつもりならその仕組みや意味から知らなければなりません。
根拠の無い自信は身を滅ぼすのと同じです。
確かに、運任せで望んだ場所にたどり着ける人もいるかもしれない。
チョーラッキーな人ですね(笑)
しかし、それはですね正直な所本質的な価値はあるのでしょうか?
それはある程度のリッチな引退生活を送る為に宝くじを買うようなもの
ではないでしょうか?
可能性は0ではないけど、確率としては極めて低いと言えるでしょう。
そんな低い確率を求めて待っているだけでは掴めるチャンスも逃して
しまいます。
「幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんだよ」と言う歌詞の歌を
ご存じでしょうか?まさにそれですよね(笑)
自分が働く業界に目を向けてみて下さい。
そこでの昇進の仕組みはどうなっているのでしょうか。
面倒かもしれませんが、既にトップに到達した人。
あなたが憧れているポジションの人。
その到達するまでの経歴を調べてみれば昇進のシステムが見えて来ます。
それを元に業界の昇進チャートを作ってみましょう~
☆チャートの書き方☆
まずは業界で最高とされているポジションを紙の一番上に書いて下さい。
次に紙の一番下に一番下のポジションを書く。
天と地を書けましたか?
そして、一番下と一番上を結ぶステップを全て洗い出し書いて下さい。
※ここでその間のポジションの名前はなんですか?
とか聞かないで下さいね最初に調べる事も大事です。
次に自分が今いるポジションを書いて下さい。
これで今いる自分の場所を確認出来ます。
今いる自分の場所から最高とするポジションまでに必要なステップ
を全てリストにして下さい。
こうすることにより自分のステップアップの地図を作る事が出来ます。
これの地図はあなたの昇格の道筋となりますのでそのポジションになる
までは永久保存です(笑)
これであなたの昇進ステップ地図の完成となります☆
ステップアップするごとに線で消していきましょう。
勿論、そのポジションに到達するには?
そんなスキルが必要なのか、どんな経験が必要なのかを書いておいて下さい。
行くべき所や学ぶべき事を明らかにすれば、それに時間を加えます。
短期目標であれば何か月で達成出来そうなのか。
長期目標であっれば3年プラン、5年プランにしてみて下さい。
単に紙に書いただけでは昇進出来るわけではありませんよ?
そんなおとぎ話のような魔法ではありませんしお祈りでもありません。
こうする事により、自分の目標ややるべき事を明確に設定する事が出来ます。
可視化する事により自分の原動力を強化し、折れない自分、ブレない自分を
編成し直す事が可能になります。
なんとなく、気分的に、と言うような行動を無くす事により、着実にそして
確実にステップアップの道を辿る事が出来るようになるわけですね。
これをやるのとやらないのとでは、今からの数分後は何も変わった感じはしませんが
半年後や1年後は大きく変わっています。
そして昔に書いたこの紙を見て、未来の自分の考え方がどう変わっているのかの確認
もでき、成長度合いも分析出来ます。
出来ない。挫折。諦め。を産み出しているのは日々の誘惑がそうさせているわけですね
1つに一点集中出来るようになればステップアップも容易となるでしょう。
ですので明確な目標設定が重要になるわけです。
輝優 伸でした☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る