人がすることを非難しない

不満、ありますか?

冷たい目線

まただ・・・・・

同じ部署のメンバー皆でゴルフに行くようだ。

正直なところもういい加減にしてほしい。

はなたはそう思ってはいないでしょうか?

煙草の煙が漂う店内で昨晩のテレビの話やニュースの話。

まだまだ飽き足らずに同僚の噂話をするのはうんざりだ。

さて、あなたはこのまま彼らにそう話しますか?

そりゃ、勿論話さないでしょう(笑)

あなたは職場の一員として周囲に溶け込まなければならない。

実際に一緒にいかなくてもあなたの魂は彼らと共に飲み屋にありますそれが「仲間」というものです。

あなたはただ、買い物があるから、友人との約束がある。

今から習い事があるなどと言って断ればいい。

わざわざ無理して行く必要はないわけです。

だからこそ、職場の人たちが勤務外の時間をどう過ごそうとあなたはそれに意見してはいけない。

単純に、断り方。

ごめんなさい男性

批判めいたことを口にしたら、仲間ではなく外部の人間だとみなされてしまうからです。

会社に残って仕事を片付けると言い訳もしてはいけませんよ?

付き合いの悪い人だと思われてしまいます。

しかし、買い物があると言う理由なら大丈夫。

そうやってどこかで美味しいサンドイッチを食べながらでも美味しいコーヒーが飲めるお店でも、どこかくつろげる場所を見つければいい。

勿論、膝の上にはノートパソコン、こうすれば仕事も片付けられる。

職種によってはパソコンは必要ないかもしれないが。。。。
仕事の参考資料でもいいし、ビジネス本でもいいわけです。

そうすれば彼らにばれる事は無い。

なにやら姑息な手段にも見えますが、人の行動を非難しないとはこう言う事です。

ゴルフがつまらないと言って断っても駄目だ、それは非難に入ってしまう。

酒が飲めないからバーに行っても楽しくないのならこのような手段で回避しよう。
それは彼らが嫌いだからではない。

「あとで顔を出すから、私抜きでやってくれ」

「私の分まで飲んでいてくれ」

こんな言い方がいいでしょう。

あなたはやらなければならない時間が必要だ。

優秀なビジネスマンを目指す目標を貫き通す方法だ。

実際に仲間に入る事なく飲み屋の御一行様の仲間だと思わせる事が出来る。

あからさまに非難しなければ仲間だと認められるわけですね。

完全ネタバレの記事になってしまいますが(笑)

しかし、実際に飲み屋に行くと言う選択肢もある。

行ってみれば意外と楽しかったと言うことも十二分に考えられる。


スポンサーリンク





酒は馬鹿が飲む物

変な顔

だが、この場で築いた友情や仲間意識は信頼性に欠ける何故ならアルコールが入っているから忘れやすいし仕事にスイッチングすると薄れてしまうからだ。

そして同じようにアルコールを摂取する事で脳細胞が死に思考域が低下するこれが本当に大問題になりかねない。

最悪を逃れるのなら飲まないに越した事は無いが、飲むなら少量に留める必要がある。

僕も酒を辞めた理由の1つがこれだったからだ。

周りに溶け込み同僚の行動を批判しているようなそぶりは一切見せてはいけない、それが賢明な行動ですね。

他の人が余暇の時間をどう過ごそうと。

人生をどう生きようと、あなたには関係のない事だ。

賢く自分が進む道に集中し他の人が選んだ道はいちいち気にする事はない。

気にしなければ批判する気は起らないし必要性も無くなる。

批判をしてしまうとあなたは「そういう人」と思われる。

あなた自身はその程度の人となってしまう。

状況によって柔軟に自分の態度を変える事が出来なくなってしまう。

そしてなによりも他人を批判すると言う行動は逆に自分も型にはめられてしまうのです。

非難しない本質とはここにあり、決して冷たい人間ではない。

他人の時間は他人の時間であり、自分の時間ではない。

逆に自分の時間は他人から束縛される必要はなくなる。

これで自分の時間は自分の為に使える。

むしろ自分の為に使うものだ。

ここで勘違いしないでほしい。

この記事は人がすることを非難してはいけないと言う記事だ。

決して人付き合いの為の記事ではない。


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る