ビールを飲めば太るは嘘。

これは何処でも言われているかもしれないですね。

「ビールを飲めば太る」「お腹が出て来たらビールの飲みすぎ」と。

このような考えは非常に根強いのではないでしょうか。

たぽんと太った大きなお腹を見て、その事を【ビール腹】と言う人も多いでしょう。

そんな言葉があるだけでも人々はビールを飲むと太ると直結しているのではないだろうか。

しかし、実際にはビールでそんなに太る事はありません。

お酒に含まれるアルコールは1グラムあたり約7キロカロリーのエネルギーを蓄えていて(ビールの種類により多少前後する)アルコール度数が高ければ高いだけカロリーも高くなります。

どういう意味なのか?と言うと【ビール自体はウィスキーやワインに比べるとカロリーが低い】という事になります。

しかし、実際ビールばかり飲んでいる人のお腹は【ビール腹】の場合が多い。

この原因はビールではなく、ズバリ「つまみが進むから」だと考えられます。

比較的低カロリーであるビールによって太るのではなく、ビールのように【薄い酒】は胃液の分泌を活発にしてしまいます、それにより食欲が増しやすいわけです。

「お酒の後はやっぱりラーメンだよね」こんな言葉はないでしょうか?そもそもその行動が本当は太る原因なんですね。

ビールは好きだけど太りたくないという方は【つまみのカロリーに注目】するべきでしょう。

飲んだビールの合計のカロリーとつまみを食べた合計のカロリーを比較するとビールのカロリーの数倍、いや数十倍のカロリーをつまみで食べているはずですから。


スポンサーリンク







トップへ戻る