コーチングとは

必要とするスキルや知識の学習能力を高める育成方法論です。

仮にスキルを身に着けたい!と考える人をコーチングすると言う部分で講師は【対象のスキルを身に付けていなければならない】と言うしばりは無く。

質問型のコミュニケーションを使い本人のスキルを身に着けていく過程で挫折や困惑などといった感情から脱する手助けを行います。

本人の潜在能力を理解し目標に対して相手が取るべき行動を自ら見出させ自立的行動を誘発させる事を目的とした方法です。

人間は自己実現に向かって、主体的に、能動的に行動するという人間観に立つコーチングは、「答えは相手の中にある。コーチの役割は答えを相手から引き出し、目標達成の行動を相手に促すこと」が鉄則とされます。

このことからコーチングは知識ではなく、あくまでもコミュニケーション・スキルです。


スポンサーリンク


発祥はルー・タイス

※左がルー・タイス、2012年4月2日死去。

米国ワシントン州のシアトル生まれでシアトル大学卒業後、ワシントン大学で精神保健科学の研究で教育学修士を取得。
著書「可能性を引き出すスマート・トークと 結果を出すパーソナル・コーチング(Smart Talk for Achieving Your Potential and Personal Coaching for Results)」は、国際的に高く評価される。

米企業では、部下の業績向上の有効な手段として、管理者にコーチングの習得が求められています。

この事から、日本でもコーチングが広まり今に至ります。日本でのコーチング講師も数少なく、2017年現時点でも比較的人数は少ないです。

有名な人では苫米地英人・博士や。

青山龍などが居ます。その他にも講師はいますが。専門的な資格などは無く、現在では団体の認定という方法になります。

実際コーチとコーチングを混同している人もおり、コーチング認定などで合格すればコーチング講師と言うものではなく、コミュニケーション能力が高く、思考抽象度が広ければ誰でも行う事が出来ますが。実際、思考抽象度が広い人も少なく、結果的に限られた人でないと行えないという問題点もあります。

1800年頃には、大学で学生に指導する個人教師を「コーチ」と呼ぶようになり、1880年からは、スポーツ界でも指導者を「コーチ」と呼ばれ、その後ビジネスの分野においても浸透するようになりました。

この事から後にビジネスの分野で広く活用されるようになった背景には、技術の進歩や環境の激しい現在において企業が自律型人材を求めるようになったことや、マネージャーに部下の能力を引き出す指導者との役割を求められるようになったことが上げられます。企業内における指導者もまた、コーチングの教育を施されている人間がまだまだ少なく。

実際はコーチングではなく強要性のあるコーチとなる場合が非常に多い現状です。コーチングと類似するコーチ・コンサルタントもまた混同してしまいやすい業種となるでしょう。

指導を行う場面では対象者の自発性を促進するためのコミュニケーションスキルの1つ。組織内におけるコーチングとは、相手と同じ土俵に立ち、効果的な質問を投げ掛けることで、相手の本来の能力や意欲を引き出していくことを目指します。

よって従来の「コーチ」とは違い、教えるのではなく共に成長いてくといったイメージとなります。

コンサルタントは基本的にプレゼンターのような手法を使い。

コーチは技能そのものを引き上げる事を目的としていることが多く。

コーチングに関しては一時的なものではなく超長期的に継続する必要があります。

指導や教える、といった側面では同じように感じるかもしれませんが、コーチングの場合、講師の技能と言うよりも対象者の感情・思考・行動が主体となります。


スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る