お金を貯めよう!貯金箱手法!


スポンサーリンク





お金を貯める方法で貯金箱を使うって方法~

「貯金箱?そりゃ溜まるでしょ」そう思っている方、やってますか?

実際やってない方のほうが意外に多かったりします。

僕の友人ですが、友人の300人に聞いた所(皆ありがとう!)

貯金箱使っている人はその内の12人でした。

300分の12人だと言う事は貯金箱率わずか4%と言う結果に。。。。まぁ、身の回りの友人なのでちゃんとした統計ではないかもしれませんが。

貯金箱使っている人のほうが大変だなんて(;´・ω・)まぁ年齢が18歳~35歳と幅広いから余計かもしれませんが。。。。。

まぁそれは置いておいて。

貯金箱の有効性

お金溜まらないのは使ってしまうから無くなるわけで、ぶっちゃけお金はそのままにしていても増えません。

勿論ビスケットのようにポケットに入れて叩いても増えません。。。。w

貯金箱は使った後の細かい残骸を箱の中に入れていく事で自然と溜まるものです。

使い残しだからこそ、それほど執着・意識せずに貯める事が簡単になると言うわけです。

僕がおすすめする貯金箱はフタが開かない物、そして陶器ではなく鉄製の壊れない物がおすすめです。

フタがあるとついつい開けてしまう可能性もあるし、陶器も破壊して中身を回収出来てしまうからです。

100万円貯まるバンク ゴールド

価格:907円
(2017/7/13 10:26時点)
感想(18件)

50万円貯まるバンク ゴールド

価格:567円
(2017/7/13 10:27時点)
感想(18件)

貯金箱で心理学

そこでですね、心理マインドを使って無意識に溜まる方法を伝授いたします。

まぁ、僕の場合はお札ばっか使って小銭あんまり使わないので財布が膨らみますから邪魔になってくるのですぐ投入!です。

そんな感じでやりやすい自分ルールを作りましょう。

まずは、帰宅後に財布を置く位置を決めます(前回部屋の整理方法で説明した定位置化を応用)

そのすぐ隣に貯金箱を置く(視覚に入れて忘れ防止)

ここでルールを念頭に入れます。

例えば、100円以下の小銭は全部入れるとか、50円以下の小銭は。。。。な感じです。

入れる時は何も考えない、感情なんて必要ないと考えるようにしましょう。

貯金箱に不慣れな人には「面倒」や「勿体ない」などの感情が現れやすいです。

しかし、その感情を自分で自覚して以前「貯金箱でお金を貯めよう」と考えた自分もいると言う事を思い出してみましょう。

単純にその作ったルールに従うだけ、なら面倒などもなくなってきてそれが日課の一部になるわけです。

決めた以上問答無用で投入してね☆

自分が優柔不断だと思っている人は尚更過去の自分と向き合う必要があります。

慣れてくれば淡々と行う事が出来、何も考えずに勝手にお金が貯まるって仕組みです。

貯金箱は凄く地味な方法ですが、経済的には無理がないため貯め下手の方には得におすすめの方法です。

小銭だらけの財布もスッキリしますし、お金は無くならない、むしろ半無意識に溜まって行くんですもの(#^^#)

だからこそ開け閉め出来る貯金箱ってあまり意味ないんです。

今時開け閉め出来る貯金箱もあまり見た事ありませんが(笑)

やってみれば意外と簡単に出来たりしますよ~


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る