心理テスト「不満度」診断

心理学はそれほど単純ではありませんが、4択である程度の事は知る事が出来ます。

今回は不満度を調べてみましょう。

世の中は多様化が進み「考え方」の衝突が相次いでいますね、そこで「生きてりゃそりゃ不満も溜まるさ」って事で、どれくらいの不満があるのかを確認してみるのもいいかもしれませんね。

不満度診断

何となくでいいので想像して答えて下さい。

あなたは夢を見ています。

その夢には机が現れました。

その机の上はどんな状態ですか?

4つの内1つ選んで下さい。

a、使ったものが出しっぱなしの状態

b、机の上には何もない。

c、必要な物がいくつかある。

d、よく見たら机ではなかった。

果たして結果はどうなるでしょう?


スポンサーリンク






aを選んだ人

使ったものが出しっぱなしな人は。。。。。。

不満全開!

机のものが出しっぱなしに感じてしまったあなたは非常に多くの不満を抱いている可能性が高いです。

その不満は自分が原因の事もあります、よく自問した反芻(はんすう)をしましょう。

bを選んだ人

机の上には何もなかった人は。。。。。。。。

不満無し!

机の上に何もない人は殆ど不満が無いと言っていいでしょう。

円滑な社会生活などをおくれている思います、今まで通り人生を邁進(まいしん)して下さい。

cを選んだ人

必要な物がいくつかあった人は。。。。。。。

やや不満あり。

必要な物がいくつかあるというタイプの人は不満は少しあるようです。

嫌なことにはあまりくよくよせず、前向きに生きていきましょう。

dを選んだ人

よく見たら机ではなかった人は。。。。。。。

不満を吐き出せない・・

よく見たら机じゃなかった!そんな人は不満があっても吐き出すところがないタイプです。

我慢しすぎるとよくない事も多いですよ。

いかがでしたでしょうか。

当てはまる方はいらっしゃいましたでしょうか?

これら机の上の物とその量は不満の多さを表しています。例え整理整頓された机を想像したとしても物は机の上にのっていますので「何も無い」と言う事にはなりません。

不満が多い人は、社内でも良くない状態をとってしまう確率が高いので注意しましょう。


スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る