新規仮想通貨は危険がいっぱい

新しく仮想通貨を作りましょう!

ザックリ目次で不要なところを飛ばそう!



スポンサーリンク







それが新規仮想通貨、これを専門用語でICOと言います。ICOとは【initial Coin Offering】イニシャル・コイン・オファリングと言います。

詳しいICOの解説 ICO(Initial Coin Offering)

つまり新規仮想通貨公開と言う意味で、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが独自の仮想通貨を発行・販売し資金調達をする手段やそのプロセスを言指します。

投資家にはコインやトークンと呼ばれるデジタル通貨を購入してもらい、原則として対価は支払われません。これら株式を利用した従来の方法である新規株式公開以外の方法として注目を集めています。

別名「プリセール」「トークンセール」「クルドセール」と言い方を変える事もありますが、いずれにせよ内容は変わらない。

簡単に言うとですね「皆さんお金を出して下さい!そのお金で仮想通貨を開発します!お金を出してくれた人は弊社の仮想通貨をプレゼント!上場したあかつきにはその仮想通貨値上がり分が丸々利益になります!」と言うような感じです。

とは言え、世の中には「詐欺」と言うものがよくありますからこんなに簡単に説明しても誰も信じてはくれないですよね。それに殆どが詐欺だったりします、それは何でか?と言うとですねターゲットが初心者や個人投資家に向けた内容が多いと言う事もあります。


スポンサーリンク





始めに

何も知らずに「ノリ」で参加してしまうと

時間が経つにつれ本当に仮想通貨作ってるのか?本当に利益を得られるのか?という疑問がよく浮かんできます。この気持ちの動きを心理学用語では認知的不協和の解消と言ったりします。

支出も大きい場合が多いので「本当に自分はこれでよかったのか?」と言う不安を解消する為に無理矢理肯定的な考えに至ると言う現象ですが、ここに陥ってしまうと周りも見えなくなってしまうので精神的に大変危険な状態となってしまいます。

株で言うと「未公開株」と同じで公に出る前に買っておけば公(上場)に出た時に大体値上がりする(中には失敗する事もあります)ので値上がった分全部利益になるようなものなのです。

未公開株を新規株式公開と言いこれを専門用語でIPOと言います。(IPO:新規株式公開)

大事なのはそれらICOを行う企業?がどれだけ嘘を付いていないかと言うものになってきます。(大体は大袈裟に話されます。良い事しか言わないと言うのも嘘が多い証拠とも言えます。)

しかし、悪い事ばかりではなく成功すれば大金を手にする事も出来ます。闇雲に参加するのではなくその企業が本当に信じるに値するのかどうかを見抜く目が必要だと言う事ですね。

これからそのICO(新規仮想通貨)についての

個人投資家と企業側からのメリットとデメリットをまずは見ていきましょう。

知らぬが仏と言いますが、この場合知らぬはお陀仏です。

正直、僕も騙されたことがあります(笑)

騙されたと言うのは少々語弊をうむかもしれませんが

厳密に言えば「まじか!やろう!」と入会してから説明などに違和感を持ちだし独自でその会社を調べて裏付けが無い事に気付いたので早々と退会しただけなんですが。。。実際はまだその会社は有りますけどね、いつになったら上場するのだか、、、見守っている形となりました、お金は戻ってきませんが本気で勉強する気を起こされた代償なので何の問題もありません(笑)


スポンサーリンク

仮想通貨ならGMO! 


ICOをする事業のメリット

一般的には企業や事業プロジェクトが資金調達を行う場合、銀行などの金融機関からお金を借ります。

これらの事をデット・ファイナンスという言い方をしたりします。

借入を多く見積もってしまうと返済と利息やらで苦しむ事になるからこのような名前が付いたのでしょう。負債が多くなると企業も死にかけ状態となりますので。。。。勿論、銀行もただでは貸してはくれないのでちゃんとした「事業計画書」を提出しないといけないなどの面倒があります。

もしくは新規株を発行し出資してもらう方法でこれをエクイティ・ファイナンスと言います。

エクイティとは正義や道徳的と言う意味なので、妥当な方法という形で知られています。(とは言え企業としての信頼性に大きく響く事なので「ちゃんとやってる会社」じゃないとこんな事出来ないわけです。)

これら2つとも、信用力が生命線なので与信能力が低かったりしる新興企業が、デット・ファイナンスやエクイティ・ファイナンスで資金調達するとですね、借入利率が高くなったり、十分な資金が調達できなかったりするわけです。

これら課題をクリアするにはやっぱりお客さんからの信用や信頼が重要になってきますのでそんな簡単にいくものではありません。

一方、ICOは?と言うとですね。

上記の問題点・課題を抱えることなく、比較的簡単に資金調達が行えると言うのが利点になってきます。(今風と言うのでしょうか、面倒な事はとりあえず後でってやつです)

このICOを発行する企業のメリットはと言うと。

1 集めた資金に株式として発行する必要性がない
2 利子の支払いがない
3 集めた資金に配当を支払う必要がない
4 投資対象となる事業の価値を投資家に提示する必要がない
5 インターネットを利用してグローバルなマーケットを相手に資金調達出来る(何処でも売れる)
6 小さなベンチャー企業や個人でも利用が可能
7 支払いは仮想通貨のためネット上で払い込みが簡単で完結
8 投資家は購入したトークンやコインをインターネットでいつでも転売が可能
9 投資サイドは少額からの資金提供が出来る

このようなメリットが企業にあるわけです。企業側が投資家へ支払う機会が少ないように感じますが、「仮想通貨」がサービス提供です。

勿論、個人投資家にもメリットはあります、投資家がスタートアップや新興企業へ投資する場合「配当」ではなく成長性に期待して出資が行われます。

どうでもいい事なんですが。

この【成長性に期待する】と言うところが【投資の本質】です。

「今金だしておけば後々に儲ける事が出来るよ」「まじか!わかった!」と言うのは【投機】となります。

まぁ目的は同じなんですが考え方や見抜く力となるとここで成功するか失敗するかの確率が大きく変わりますがね。

ICOの場合、株式の割り当てや配当は行われません、企業として成長していけばそのトークンの信頼性が高まり、価値を向上させる事が出来るわけです。

出資している”ブロックチェーン”が値上がりすることが期待できますよね。

また【自由通貨】といわれるほどの仮想通貨なので自由性が高く、上場後は明確な管理者が居なくなりますので、議決権が付与されません。これによって経営者も経営に関与されるリスクが極めて低く、早い段階から出資できる点がICOの魅力と言えるでしょう。

仮想通貨を作って拡散するまでは大変ですがいざ上場するとブロックチェーンシステムは勝手に動くので管理者は必要なく、関係しているコンピューターやサーバーが処理し管理するから管理者がいらなくなります(せいぜいサーバーの維持とかメンテナンスくらい)

これが画期的な仕組みなんですね。


スポンサーリンク





ICOに参加する投資家のメリット

では参りましょう!やはり投資するには自分のメリットが優先ですよね!

お次は投資家側のメリットです。

会社が上手くいくと特に儲けるのが「創業者」たる者ですが、そこに初期から投資しておけばそれにあやかる事が出来ます。

この投資家のメリットもクラウドファンディングと共通する部分が多いですが大きな違いは?と言うとですね。

自分の投資持ち分の譲渡が簡単に出来る点となり。

ではICOに参加する投資家のメリットはと言うと。以下になります。

1 ネット上のプラットフォームで直接投資出来る
2 ネット経由で手軽にかつ簡単に世界中の案件に小口の投資が出来る
3 比較的少ない資金から投資が出来る
4 利益が上場後の価格変動に影響されにくい
5 短期間で数十倍の価格上昇が期待される
6 トークンや仮想通貨を第三者へ手軽に譲渡でき投資資金回収の機会が増える
7 投資対象が成長するにつれ流通市場が形成され、価値が上がれば大きな売却益が得られる可能性が高まる。

だいたいこんな感じでしょうか。

企業側からするメリット数は多く、投資側からするメリット数が少ないようにも感じますが、そもそも企業が投資家に変わりめんどくさい事を代わりにやっていると言う形になるので投資家からするとメリット数よりもデメリット数を気にした方がいいかもしれませんね。

投資家のメリット1つ1つが大きいのも投資の特徴とも言えます。


テレビで話題の神王リョウがお届けする禁断の投資講座

スポンサーリンク


ICOの事業側のデメリット

メリットがあれば必ずデメリットが存在するのが人間社会であります。

企業的にも色々と検討すべき点が上げられます。

何をどうするかによっても先が大きく左右されるので事業を起こすにしても明確なビジョンが必要になってきます。

1 プロダクトそのものを投資家に認めてもらう必要がある。
2 事業失敗により投資家が大きな損失を被る
3 知名度が低いぶん将来性のある案件を提示しなければならない
4 事業の全貌を明確に示さなければ信頼性を集めれない

資金を出してくれた人にはトークンやそのまま仮想通貨を発行します。

これらICOは従来のIPOと違いネットを通して不特定多数の方に直接販売する事が出来ると言う利点もあるものの反面、信頼性などの将来を見越した明確な提示をしなければ資金を調達するのは困難になって来ます。


スポンサーリンク





ICOに参加する投資家のデメリット

事業側にもデメリットがあるし投資側にもデメリットは勿論デメリットはあります。

そもそもICO自体が「未来の希望」を信じるか信じないかで先の事は誰にもわからない事からデメリットが大きく感じられる事でしょう。

1 支援した事業が失敗すると資産を失う
2 支援する事業に投資金を持ち逃げされる
3 事業が成功しても仮想通貨における価値が上がらなければ利益を得る事が出来ない
4 成功する保証が無いので判断が困難

2と4がどうでもよくない部分でしょうか。

成功して価値が上がらないとなるのは少ないかもしれませんが開始値が10円だったとしても最大で30円までしか上がらなかったよ。。。。って言ってもある程度の利益は得れますしね。まぁ悲しい話ですけど。

投資した資金を持ち逃げされる可能性は見逃し難い事だし、成功する保証が無いのも仕方がありません。

このように並べて考えてみるとハイリスク・ハイリターンである事がわかるかと思います。

騙される確率を下げるのも投資家としての役目ですし、事業を成功に導く役割を担っているのもやっぱり「投資家」ですよね。

余談ではありますがこの場合やはり「信用」と「信頼」が必須です。

ちょっと話したから、ちょっと見てみたからでは到底判断が付きにくいので注意しましょう。


スポンサーリンク





ICOの詐欺

ICOをうたい詐欺を行うところも数多く存在します、場合によっては詐欺っぽい所が上場したり、ちゃんと経営・開発してそうな所が詐欺で告発されたりしているようですが。

投資側のもっとも必要な部分は「企業を見る目」です。

よくセミナー講習などをやっている事が多いですが「その話を全て信じるべきではない」点です。

「弊社は〇〇やってます~」と言うのは当然で聴き手の士気を上げるのが目的なのでハッピーな気持ちになるのは当たり前ですし、見る目がそもそも無い人は人の話を聞かず拒絶しかしないので参加する意味が全くないと言ってもいいでしょう。

せっかくいい気分になって投資やってたのに全財産持って行かれたとなると本末転倒です。

まぁ、それはともかくですね、ICOの詐欺は立て続けに起こっていますが。企業が訴えられて「それ詐欺ですね」って裁判所で言われてやっと「詐欺」と確定する点です。

これらを感情的にならず抽象的思考で見て行きましょう。

まず詐欺になる特徴とは嘘を付いているかどうかです。

嘘を見抜くのは大変な労力が必要になってきますが後の莫大な利益を考えたり自分の資金を守るにしても必要な事だと思います。

ぶっちゃけな話ですが、投資とは騙し合いと言う人も多いです。それくらい投資の世界には詐欺が蔓延していると言っても過言ではありません。

それにリスク回避といってそのような世界を知らずにいると違う詐欺に遭うと言ったケースもよく聞きます。

詐欺に合わない為にはご自身の「見極め」がとても大事です。このまま詐欺師の餌食になってしまうのは悔しいですもんね。見極めさえ知っていればどんな詐欺師が来ても全然平気なわけですよ。


スポンサーリンク

かつてテレビに話題になったあの神王リョウが返ってきた!90日間の投資講座キャンプであなたも一流の投資家の階段を上りませんか?
株・為替・仮想通貨、投資の本質は同じです!


ICO詐欺で注意すべき点

こんな事があったらおかしいな?と思うべき部分です。

100%これが詐欺だ!とは言い難いのですがそもそものICOってなんなのか?と言う部分を知ってから気付く部分です。

まずは6つに分けてみましょう。

1 発行体が存在している
2 最低価格保証がある
3 買取保障がある
4 権力のある人の名前を使う
5 最低購入金額がある
6 チームの素性がわからない
8 物を買わせる
9 マルチ商法
10 ホワイトペーパーがない

これだけ聞いても「ヤバい」と思う人はいるかと思います。

まずはこの6つの話をしていきます。

発行体が存在している。

仮想通貨は誰にもコントロールされない事が特徴です、普通の紙で出来た現金とは違い手に持つ事が出来ないのに引換券のような物で相手を安心させる手法は詐欺の可能性が高いと言えます。

仮想通貨なるものは発行体など存在するはずもありませんので「会社独自で作りました」と言ったとしても裏の目的が何かあるはずです。

仮想通貨・暗号通貨がどんなものなのかを知っていれば必ずおかしいと思うのですが、初心者やあまり理解されていない人をターゲットとしているので完全にヤバイ案件だと言う事です。

最低価格保証がある

先ほど言った仮想通貨は誰にもコントロール出来ないのに最低保証価格があったらおかしいわけですよ。

個人投資家はやはり損したくはありませんよね、だから有りもしない「保証」と言う嘘を付いてお金を出させると言った手口だと考えていいでしょう。

ICOは「投資」ですから元本割れ(資金以上に損する)してもおかしくないほどのリスクが伴いますし、仮想通貨による損失や株や為替でも最低価格を保証する制度なんてありませんし、最低価格になった場合も企業ではどうする事も出来ない状態で「誰が保証するの?」と言う問題にもなりますからね。

まぁ、だいたいはトンズラタイプの企業と言ってもいいでしょう。

特に主婦の方は「保証」に目を輝かせるので「じゃぁお金出してやろう!」と思ってしまうかもしれません。

買取保証がある

これまたなんのこっちゃわかりません。

説明会などでとりあえず「何かを保証する」と説明が来たら黙って席を立って帰ってもいいくらいです。

企業のICOメリットにもあるように利子を払う必要もなければ配当を支払う必要もありません、これらメリットをわざわざ企業側からデメリットにする意味が解らないと言う事になってしまいますし。「なんと良心的な会社なんだ!」と思ってもらう為に嘘をつくわけです。

日本人は特に「安定」「安全」「保障」「保証」「保険」などに弱いのは消費者です。

投資家に保証をするのはある意味失礼に値する行為でもあります。


スポンサーリンク





権力のある人の名前を使う

まぁ、これはグレーと言ってもいいのかもしれませんが、、、仮に芸能人に協力してもらうと言った方法はテレビCMも同じ事ですからね。それらの効果に肖ってなのでしょうが。

ただ、本人の意に反して起用するのは勿論「犯罪」です。これがグレーなわけです、実際芸能人も報酬を明記してオファーするのは犯罪ではありませんから。

特によくありがちなのは芸能人ではなく海外の実業家が出て来るパターンが多いです。

結構凄い人って表現をされますが検索しても出てこないと言う人物では話になりません、権力者自らが説明会などにおもむくのならば納得がいかないわけではありませんが、話を信じるのではなく話の内容を覚えておいて本当にやっているのかどうかのエビデンス(物的証拠)が必要です。

この場合、アメリカから来た~~だと英文を読めた方が探しやすいし、中国の実業家だったら中国語を読めないと不便しますので、権力者ぽい人が出て来た場合は大体が外人です。

今でがGooglechromeで翻訳出来るのでそれで調べてもいいかもしれないですね。

最低購入金額がある

ICOのメリットは手軽に気軽にがモットーです、そのぶん危険も沢山あるので詐欺が多いのですが、最低購入金額を設定する事じたいが「投資」ではあり得ないと言う事です。

ICO自体、真面目にやっている企業自体は開発費用などを他者に負担してもらうと言う考え方から成り立つものなので、最低金額を設けてチマチマ投資されるのも困るものです。

まぁ仮想通貨1コインに付き、単価を最低金額と定めるのは有りかもしれませんが、1人10コインまでとかまるでスーパーの安売りのような扱いはいただけませんし、グローバルマーケットなわけですから沢山の人に受け入れられてナンボの世界です。

確かに最低購入金額を1000円としますとして100円では買えないなどとありますが、わざわざ説明する次元でもありません、少ない金額でも沢山の人に買ってもらい受け入れてもらうのが上場前の作業なのでいかがなものでしょうね。

これには違和感がある人と無い人がいるかもしれませんのでグレーな部分としておきます。

チームの素性が解らない

ICOにとって大きく不利になる部分がここかもしれません、プロダクトがない段階では開発者の経歴が必須になります、先ほどの権力者の裏付け探しに似ていますが。

権力者は開発者ではありません。

僕が実際関わった企業では「弊社はビットコイン開発に携わったチームがいるので大丈夫だ!」といってました、で?サトシ・ナカモト(ビットコイン発案者)さんとはどんなご関係で?と質問する余裕は与えてくれません(笑)、それに一瞬チラホラでるだけなので「へぇ~」で終わらせます。確かに誰もツッコミ入れる人いませんでしたね凄い解説者ですw

ぶっちゃけ僕の場合、顔や名前が出ていて実際の経歴がへぼそうな経歴でも表に出て来ると言う誠意だけで信じます(笑)そんな人未だに見た事ありませんが。

ただし、この人が本物かどうかが問題点となります、その辺の人の写真引っ張って来て加工していたり、顔と名前が違う人物のものだったりもするので「下調べ」は必須となりますのでご注意下さい。


スポンサーリンク





物を買わせる

ICOで物を買わせるのもおかしな話ですが、そもそもICOです!って表現はあまり使いません。わかりにくいとは思うのですがお金を払ってトークンや仮想通貨を発行するのが本来のカタチですよね。

本来はお金を払う⇒トークン発行

もしくはお金を払う⇒仮想通貨発行

のはずなんですが。

この物を買わせる場合はお金を払う⇒商品を買う⇒トークン⇒仮想通貨

「おぉ、すげぇ全部入ってる」と感心している場合ではありません。

お気付きになられたでしょうか?これって普通の買い物です。例えば楽天で買い物してですね、楽天カードにポイント付きました~な感じと同じです。

これは何を意味しているのか?と言う話になるのですが、仮にその会社が仮想通貨を開発していなかったとします。

ここで倒産なり破綻なりをした場合、「弊社で開発致しました仮想通貨はポイントせいなので返金は行えません」などの言い訳が出来るというものです。しかもこれは法律的に考えても合法です、お金を払って商品を購入していますからなんの問題もないわけです。

ですから【物を買わせる】行為そのものが今後トンズラこいても逃げれる言い訳を作り出しています。

実際仮想通貨の開発をしているのかどうかを知る必要がありますね。

僕はこれに騙されたわけですが、本当に仮想通貨を作っている裏付けを見つける事が出来ませんでした、もしかしたら上場するかもしれないし逃げる可能性もあると言う事ですね。なんという会社かは中傷記事を書くつもりではないのでお話しません。

まぁ知ってる人は大体知っている事でしょう。

マルチ商法

俗に言うネズミ講と言う名高い手法です。ネズミ講とは詐欺のように感じますが。

マルチ・レベル・マーケティング(Multi Level Marketing)と言ってマルチ商法自体は違法ではありません。特定商取引法の第33条に「連鎖販売取引」と言う規定があるのでその範囲内であれば合法と言うわけです。

これをICOとくっつける事で問題が大きくなる可能性が懸念されます。

そもそもICOは投資筋が強い側面があります、マルチ商法を掛け合わせると資金繰りそのものに企業が悩まされる可能性が出て来るので最初から間違いを犯していると言えるでしょう。

これは仮想通貨を購入して誰か三人に紹介して購入してもらえると自分にも紹介した購入利益が数パーセント入るよ~と言うものをどんどん繰り返していくわけですが、「いやいや開発費用どうするの?」って話にもなって来ますし芋ずる方式(連鎖販売取引)だと誰かに報酬を支払い続けるわけなので肝心な開発費用を集めるのには適していなく、そもそも上層の人はひと儲け出来ますが事業の方向性がおかしくなってしまう事でしょう。

ICO自体リスキーなのにマルチ+ICO=チョーリスキーだと考える人は少ないのでしょうか。

自分の利益だけを考える人はこれに引っ掛かりやすいのかもしれません。


スポンサーリンク





ホワイトペーパーがない

最後にホワイトペーパーなんですが、これはトイレットペーパーのような白い紙と言う意味ではありません。「白書」と言う意味です。

これがあると無いのとでは会社の信用も大きく左右されるものです。

つまりこれは仮想通貨の報告書となるもので

内容はそれぞれ企業によって異なりますが、仮想通貨の企画や構想または技術的な内容を網羅していて、特に仮想通貨発行前であるICOで「うちの仮想通貨を知って下さい!信じて下さい!」と考える企業がやる事です、これがあれば仮想通貨作ってますっていう証明にもなります。

最終、色々書いてきましたがこの”ホワイトペーパー”が無いところで取引しないと決めておいたほうがいいかもしれません(だから最後に書きました(笑)

どんなものなのか?と言うのが気になるところなんでしょうけどこれはビットコイン発案者のナカモトサトシさんの論文をどうぞ (サトシナカモト:ビットコインP2P電子マネーシステム論文)

このような物があると無いとでは信頼性も天と地の差が出て来ます。

これらを踏まえたうえでICOに参加するのかしないのかを見て行くといいでしょう。

ご自身で査定していくとですね100社ある内の10社あるかないかくらいの確率になって来ます。

良い話が来てすぐに乗っかるのではなく。

良い話を聞きいかに早く、誰よりも早くその事業を信用するに値するのかどうかを査定して乗っかるのが「投資」と言うものです。


スポンサーリンク





おわりに

なんと言っても恐ろしいのが詐欺を平気で行う人が多い事多い事。

勿論、詐欺師をとっ捕まえて「人を騙して楽しいのか!」と言っても「そんなことありません!」って答えるに違いませんしね。。。。

被害者も被害者でノリで参加するのではなく、下調べ。リサーチ能力をもっと鍛えたほうがいいかと考えます。

まぁ、リスクが怖いから「やらない」という決断も有りだと思います。

しかし調べて学ぶ事を怠っているといつかは詐欺に遭ってしまうものだったりもするので日々勉強ですよね!

なんとも恐ろしい世の中ではありますが、投資以外でも楽しい事は沢山あります。

良い話には必ず裏があります、それはコインの裏表のようにです。

楽して稼ぐ方法が横暴している今の現代でありますが、楽しんで稼いでいる人の事を楽して稼いでいる人を間違っているのではないのか?と思ったりもします(笑)

投資家~投資家~と言ってますが、行動は投資家やってるように見えても肝心な頭の中は「消費者」だったりする人が多いのも詐欺が広がる要因ではないのかと僕は考えます。

皆さんお気をつけ下さい~~

それでは☆


スポンサーリンクPR

あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」


アフィリエイトから始まり、株そして為替、仮想通貨と投資について天才的能力を発揮する神王リョウの頭の中を公開!(※他言無用、他人には絶対に話さないで下さい。)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る