イチゴのつぶつぶは種じゃなかった。

イチゴの粒と言えば誰でもわかるかと思います。

そう「誰もが表面についているゴマ状の粒を指すでしょう。

そしてイチゴの種はどれ?と聞かれても「イチゴの粒」と答える人は少なくないはず。

実はこのイチゴの粒なんですが。

【果実】です。

僕たちがイチゴとして食べているあの赤い部分は花托(かたく)と呼ばれていて、めしべや花びらの土台のようなものです。

他の果実は種の周りにある子房(しぼう)が膨らみ、果実となりますが、イチゴの場合は子房ではなく花托が膨らみます。

僕たちはその膨らんだ花托を食べているというわけですね。

花托とはいったいなんだ?って人の為に。

蓮(はす)の花托

これが蓮の花托と言うものです。

ではイチゴの花托とは?

そう、皆さんが知っているこのイチゴそのものが花托と言うわけです。

イチゴのつぶつぶの部分が蓮で言う黒いつぶつぶの部分になります。

赤い部分が果実だを思われがちですが、つぶつぶの部分こそが果実なんですね。

そしてイチゴのこのつぶつぶが成長するとこうなります。

出典・メディアの虜

一見、腐ってカビが生えているように見えますが、そうではなく立派な葉です。

買ってきて放置してみるとこうなるかもしれません。

どうでもいい話ですが、僕はイチゴに練乳をかけて食べるのが好きです。


スポンサーリンク







トップへ戻る