お金持ちになりたい!違うところは考え方。

「価値」と言えばよく皆さんは「お金」を連想するかと思います。

勿論、僕もお金で価値を表現するのは簡単だと思っています。

しかし、価値観とはお金とイコールではない事に気付いている人は少ないのかもしれませんね、当然お金とは「便利な道具」なのは知っている事だと思います。

ですがお金は一体なんだろう?と言う事になればよく解っていない人が多いはずですね、単純に「紙にインクが乗っかった」物です、この価値観の違いが人生、生活などに大きな差が出てきます。

誰でもわかるかとは思いますが、実際お金を目の前にすれば感情が大きく揺れ動きこんな話の内容も忘れてしまうでしょう。

日本人は基本的にお金には潔癖と言われドが付くほどのケチとされています、それもそのはず「お金に対しての価値観」を学んでいないからですね。(と言うよりも教育方法がナンセンス)

一概に皆が皆そうとは言いませんが、基本的には「自分は貧乏」「自分はお金が無い」と言う事を言ったり思っていたりする人は基本的にドけちの考え方になります。

貧困層から生まれ育った人は貧困の道を辿る事が多いのは間違った「お金の概念」を教え込まれるからです。貧困から富豪になるにはまず今までのお金の概念を変えていかなければなりません。

私は貧乏と自覚する事そのものが全ての価値観を下げてしまい貧乏の道まっしぐらに走っているわけですね。

「お金が無い」と言う発言も実は無意識に自分を陥れている悪い習慣です。

かと言って私はお金持ちだ!とお金持ちでもないのに皆に言いまわったら「何言ってんの?馬鹿じゃない」と言ってくる人は貧乏な人です。

自分が貧困だと考える人の周りには同じくして自分は貧困と思っている人が多いと言うのも貧困から脱せない大きな要因となります。

「そうか!お金持ちなんだな!なら君はお金持ちだよ!」と言ってくる人はお金持ちなんですよね~。
と言っても全く理解不能かと思いますので。。。。

お金持ちの感覚

沢山のお金

価値に対してお金は比例しない、しかし価値は社会にとっても重要な観点である事から、認識を誤ってしまうと価値観がわからなくなってしまう現状。

つまりですね、売っている品物が1000円ですと売り出されている物にたいしてあなたは値段を付けますか?

僕の場合は500円なら買う、1000円なら買わない、自分にとってそれほどの価値をこの商品は有していないと言う結論がほぼ即決で出てきます。

それはどんな広告を見ても何を言われても同じ事、自分の価値観は自分だけの価値観なのでなんら問題ないわけですね。

しかし、これには良い所もあって500円の値段が付いた物でも、いやいや1000円でしょ!と思っても500円で買えるのはお得感満載ですよね、価値観とはこのように人によって様々にかわります、それそのものが価値観と言うわけですね。

なので、世間一般で認識されている高い、安いは本当はどうでもいい事なんです、この感覚があれば貧乏から抜け出させるんじゃないかなぁと思います。

ブランド物ってなに?

iPhone

これは連想するのは様々でしょうけどパッと出て来るのであればシャネルとかヴィトンとかではないでしょうか?その他にも色々ありますけどね、時計ならロレックス?車ならフェラーリやランボルギーニ?と知っているだけでも数多くありますが。

実際これだけではありません、人気芸能人も一種のブランドと言えますね、要するにブランドの価値とは認知度で決まっているんです。

勿論、質が良いというのもあるし長持ち頑丈と言うのは価格的に考えても当然と考えるべきでしょう。

それについて何を売っているのか?

なぜ一般消費者の基準や平均の価値観にたいして高価なものが高級ブランドと認識され安価なものは「ブランド」と言うイメージがなくなるのでしょうか?

100円均一のダイソーも僕にとっては立派な有名ブランドだと考えます。

このような考え方と感じ取り方によって貧乏か金持ちが「決まっている」ように思いますが価値観さえ変えてやればお金持ちになるのも夢ではないと言う事になりますね。

人間が行動するのは思考心理からの行動が主です。

欲しいと思うから買う行動を起こし、いらないと思うと買わないと言う事になりますね。

お金もちが欲しいと思う物と、貧乏人が欲しいと思う物が全く違うわけですよ。

と言うよりもフローが違うと言うべきでしょうか。

お金持ちになりたいのであればますは価値観から変えるといいでしょう。

ではこのへんで☆

トップへ戻る