仮想通貨をやる前に知るべき事。

仮想通貨と言うのを解りやすく、そしてくどく、そして長々と書いて行きます。

結構見落としがちな分類が僕が書く記事かなぁと、基本を知る前にどんな世界かを知っておく必要があります。

大事な事知らないで余計な事しってからの~~頭抱える人が大勢いますから。

やってしまってからでは一生お金は戻りません、その対策や考え方から~

今更聞けないとか色々あるかもしれませんが勉強に早いも遅いもないと思います(笑)

初心者でもわかりやすい解説を目指して\(^o^)/最低、漢字だけは読めるように(;^_^A

他にも「仮想通貨」って言うしろものは沢山あってですね2018年の現在ではすでに1500種類もあると言われています。(いちいち数えませんが)

どの仮想通貨を買うのか?って話になっても1500種類もあったらどれを選べばいいか全く解りませんし全部勉強するのもかなり根気のいる作業になってしまいます。

実際、人間って選択肢が多ければ多い程に迷う性質があってその分悩み事も増える生き物ですからね(笑)



スポンサーリンク





さて、ここでザックリですが6種類だけ、中でも特に有名なのをご紹介します


とりあえず仮想通貨

ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)

この中にある仮想通貨のどれか1つでも知っている人は多いんじゃないでしょうか?

誰もが知っているのが「ビットコイン」だと思いますが、ビットコイン単体だけ知っていても実際はあまり意味がありません。

例えば:ここは日本ですから円でビットコインを買うのなら円とビットコインの事を知らないといけないからです。

仮想通貨マニアならば「全部知りたい!」と思うかもしれませんが「儲けるため」ならばその他は知らなくても大丈夫ですし仮想通貨だけでも3種類程知っていれば問題ありません。(それぞれに特徴があって微妙に特徴が異なります)

()の中の表示は名称です、これを「銘柄」と言ったりします。実際すでに取引している人なら知っていると思いますが、取引所ではこのような表示がされます。

これは為替と同じですよね。為替だとUSD/JPYと表示されているものはアメリカドル/日本円と言う意味で、米ドルを円で買ったり売ったり、円でドルを買ったり売ったりっという意味です。(アメリカドルを米ドルと言います。)

っと言う事はビットコインと円とで取引をする場合、(BTC/JPY)と表示されます。

今この記事を閉じられるのは非常に寂しい思いを僕がするのですが、「今のビットコインの値段」を知りたいのであれば検索エンジン(Googleとか)でこう検索してみて下さい。

円ビットコイン 

これで検索しても「リアルタイムレート」と書いてるようなものが見つかると思います。

適当に引っ張って来た画像ですが、ご注目して頂きたいのがBTC/JPYの右側にデカい字で932,000円って書かれてますよね?

これが、1ビットコインを日本円にしたお値段と言う事です。

既に結構なお値段ですがね(;^_^A

初めての人は慣れないので「意味が解らない」って人が多いと思うので一応このような感じです。他にもゴチャゴチャと表示がありますが、今後仮想通貨を取り扱うって人はいずれ覚えなければなりません。

こんな感じで今の価格は軽く余裕で調べる事が出来ます。


スポンサーリンク






暗号通貨って?

日本には様々な言葉があり、似たような意味の言葉も多数存在します、言い方は違うけど全く同じ意味の言葉って今まで出会った事ありませんか?

それと全く同じで暗号通貨と仮想通貨って同じ意味です。

何が違うかと言うと言葉の出所が違うだけです、ここはしょうもない話なので読み飛ばしてもらって構いません(;^_^A

仮想通貨という言い方は日本の通り名のようなものです。

そして暗号通貨と言うのは海外からの呼び名を日本語にしたものです。

暗号通貨=Cryptocurrency

という用語が使われています、そしてビットコインの正式名称はと言うと。

Cryptocurrency Bitcoin つまり「暗号通貨ビットコイン」

仮想通貨って呼び名と暗号通貨と言う呼び名、相手が理解出来ればどっちでもいいんですが暗号通貨と言う呼び名では暗号理論を使い取引の安全性を確保した新しい発行統制をしていますよと言う意味が込められているそうで、これだけ知っていても本質的な事を知る事が出来るようになっています。

一方、仮想通貨と言うのは一般的にイメージしやすい言葉をマスメディアが好んで使っているだけなので、造語と言う考え方が出来ます。実際、目に見える現金ではありませんのでね。

どっちの呼び名を使うかはあなた次第だと言う事です。


スポンサーリンク





仮想通貨は詐欺?

いまいち、仮想通貨ってのがよく分からないって人は少なくはないでしょう。

それによく分からないから怖いとか、仮想通貨そのものが詐欺だと考えている人もいると思います。本人がどのように興味を持つのか?興味を全く持たないのか?は本人の自由です。

事実、強要も出来ないし、してはいけないと僕はそう考えています。しかし同じような考えの人間ばかりではないのも事実で中には人を騙す前提で影を潜めやってくる人もいます。

ごもっともかもしれませんが、少々不安なのが今まで興味が無いを理由に勉強しなかったが為「知らないまま乗せられてしまう」と言う事が相次いで発生しているのでそこが問題だと言えるでしょう。

それに「私は大丈夫」と言うような気合でどうにか出来る論理ではないです。

これが詐欺に会う本質です。

正直、知らないままでも生きてはいけるでしょうが泣き寝入りや人生損してしまう可能性だってあります。

反面、取引するかしないかは別として仮想通貨は知ってて損はないかと思いますし、規模が大きくなるにつれ為替と同じ大規模にもなります。

単純に「無知だから騙される」っというのが詐欺の実態です。

仮想通貨じたいは詐欺ではありません、しかし仮想通貨をダシにして詐欺をはたらく人も実際に存在します。


スポンサーリンク


詐欺はひょんな所からやって来る。

人を騙す人って酷いかもしれませんが正直言って騙されるほうも酷いです。(毒舌ですみません)

これは仮想通貨だけの話ではありませんが「騙す」と言ったたぐいは人の心をもてあそぶ方法で成り立っています。

仮にですね、他人からすすめられても断れるが友人や家族からすすめられると断れないとか。

この場合やばいのは友人や家族までもが騙されていると考えない人です。

最近仲良くなった人からいきなりすすめられたり、今まで親切だった人が笑顔ですすめてきたりだの手法は様々、詐欺にあわない方法は自分の価値観を持つ事にあります。

このような事から詐欺で被害にあわれた方が特にもってしまうのが人間不信というトラウマです。

そうならない為にも、勉強して何が良いのか何が悪いのかを目利き出来るようにならないといけません。


スポンサーリンク





日本は詐欺しやすい環境

もう話がどんどんソレて行きそうですが、悲しい思いして欲しくないので止めずに書きますね。

何故に日本は詐欺しやすいのか?と言うと「被害者帝国」だからです。

加害者には厳しく、被害者には優しくがモットーですよね、これが悪いと言うわけではありません。。

基本的に被害者は弱いというイメージを強く押し付ける教育方法がなされていますよね、それは良い事でもあるのですが、逆に被害者を強くする教育がありません。

これが大きな見えない大問題と言うわけです、人間って臭い物によくフタをしますが、まさにこれで良い事ばかり言うのはいいのですが悪い事に向き合おうとしません。

法律やシステムもそうなんですが詐欺を行いやすい環境が整ってしまっている事も念頭に入れておかなければなりません。

加害者が起こしやすい行動を予測したりして予防策を講じる事はしますが。

被害者が増えないよう、被害者予備軍に勉強しなさい!と言わないのがそもそもの問題点だと言えるでしょう。中には騙されている事に気付いていない人もいるくらいです。

仮想通貨の場合は出来てから十年以上も経ちますが歴史がかなり浅いです。

今になってやっと仮想通貨で儲けた利益に対して税金は~~の話です、行政も実際は事例に基づき態勢を考えて法律などを作っていますのでどうしてもイタチごっこになります。

ようするに「新しい物は整備されていない」からこそ詐欺をしやすいと考えるといいでしょう。

騙されたくなければ勉強するしかありません。

今風?詐欺の手口「仮想通貨の新しいはヤバイ」

ここで詐欺に合わない簡単な見分け方をご紹介します。

ネットワークビジネスで展開されている仮想通貨詐欺の可能性が大です。

(ネットビジネスはネットワークビジネスとインターネットビジネスがあるので注意!)

例え友達が進めて来ても安易に手を出すものではありませんし。

特に抱き合わせで購入させようとしている場合は厳重注意です。

抱き合わせってなに?となると思いますが。

例えば:何かの商品を買ってトークンとかポイントとかを貰います、そのポイントだがトークンだかを使って仮想通貨だかが購入できるっという方法。(そもそもトークン自体が仮想通貨のようなもののはずなんですが)

この場合、その会社のサイトなどではその仮想通貨の値段なるものの表示はされるかもしれませんが実際に仮想通貨を作っていない可能性があります。(勿論この場合非上場とか言われます)

非上場と言って公にされていない部分だからこそ「実際の値段は無い」そして値段は会社が勝手に決めていると言う事になります。って事は値段をつり上げて皆を喜ばせる事など容易い事です。

何でこんな方法で仮想通貨を購入しないといけないのか?と言うと実は仮想通貨がメインではなく商品販売がメインだからです。

では実際に商品を購入してからの~~トークンなどで~仮想通貨購入したと考えてみましょう。

そこで詐欺だと気付き「金返せ!」と言ったとしてもですね。見た目は値段が上がった仮想通貨は売れませんし、手元に商品だけが残ります。

「あなた商品買ってるじゃないですか」っといわれる。

法律上はお金を払って商品と言うサービスを受けているので会社としても問題ないわけです。

そして現金で直接仮想通貨を購入はさせてくれません、それも法律的に問題があるからです。

要するに法律を上手い事使った手口と言えるでしょう。

そしてこれは詐欺なのか?と聞かれるとですね、法に触れていないので詐欺ではありませんと言えますよね。

これはもうお巡りさんとしても「気を付けて下さい。」としか言えません。

実態は賭博です、資金集めしてから仮想通貨を作るといった方法も取れるので非常にハイリスクです、事実会社が仮想通貨を作っていれば詐欺ではなく数年後には莫大な利益をもたらしてくれる可能性も無きにしろあらずですが。。。。流行ればの話。

下調べするのが大変なのでやはり素人の方が手を出すべきではない世界です。

資金集めに失敗した会社は大勢のお客を犠牲にしてトンズラこきます。

そして最初からトンズラしようと考えている人もいます。


スポンサーリンク






この場合

・社長やら会長やらが本当に仮想通貨を作りたいと考えているかどうか?

・空想だけではなく事実性があるのかないのか?

・勿論いいように言うけど中身空っぽ?

を見抜けるようになってからですね。確率的には詐欺のほうが高いです。

一時期、ちょっとした趣味で(変な趣味ですよねすみません)潜入調査を行った事がありますが、勿論、信憑性のある説明などがありますが詐欺だな、と考えさせられる共通点を上げてみます。

すぐに見抜ける方式

・ビットコインをメインにしたお話が多い

・今が買い時!と念押ししてくる。

・口では凄い事言っても調べてみると何も出てこない。

・信じて下さい!と言って自分達(会社)から明確な証拠のような物を出してこない

・大体海外の会社

・勿論、メリットしか言わない。デメリットは教えない。

・そもそも何事にもデメリットがあるのに「無い」と言う。

・会社概要を明確に話せない。

・非上場の場合、上場する期間が明確ではない(詳細を話したがらない)

・良い事尽くめでハッピー洗脳をしてくる

・話をややこしくして客の頭の中を大混乱させる

・そもそも簡単なわけがないのに簡単だと言い切る

これらにいくつか当てはまるようならヤバイかもと思ったほうがいいです。

仮想通貨はお金になりますから「投資」と考えるべきです「投資」と考えるのなら「会社を見る目」が必要になってきます。

特に新しい物って海外から入って来るので「海外からは怪しい」と言うイメージではなく最低限の「英文」を読めるようにならないとその会社の事が解らないままになってしまいます。

「ちょっと無理」と思う方はあっさり諦めて手を引く事を強くお勧めいたします。

結構話長かったんですが、一番納得のいく説明をすると。

1000種類以上あるのにこれ以上増やしても意味ない。

ただこれだけす。

そして飽き足らずに作るのは。

自己利益の為に皆の金を食いつぶす!そして自分金持ち!

ね、ハッピーエンドの確率が高いのはこの話を作った人(社長とか)です。


スポンサーリンク





始めの知識

随分前から話題になっている仮想通貨ですが、ブロックチェーンってなんだろ?についても解りやすく解説しているサイトは実際ごくわずかかもしれません。

教えてくれるのはいいのですが「リスク」について教えてくれる所は更に少ないですね。

何も知らない人のつもりで読んでみるとやっぱ解らないよな~それ。。ってのが所々出て来ました。

やっぱり専門用語使って説明するのが早いし手間が少ないのは確かです。

まぁ、文章読めない人がブログや記事など読もうとも思わないのかもしれないけど。。。。。(笑)

時代と共に「物」は変化しますしね、物の数が少ない時は値段も高くなるし、その数が多くなって「持ってて当たり前」ってなると値段も安くなりますよね。

ビットコインも元々は凄く安い値段から始まってます。誰でもわかる事かもしれませんが。

仮想通貨も同じで「欲しい人が増えれば値段が上がる」わけですよ。

それに欲しい人が増える事で「需要」ってものが出て来てビットコイン以外の仮想通貨も増えます、今では結構な数ありますよね。

ただ、単純に仮想通貨は特に今流行っているからそれを買うと言う考え方で買うものじゃありません。

「今買っといたほうがいいよ!」「テレビでやってるから安心だな」「友達もやってるからやってみよう」

良い時はいいんですが悪い時どうるすの?が頭になければ死んだも同然。

人それぞれ興味を持つタイミングや内容は異なりますが安易に手を出すのはよくありません。

勉強せず知らないままにしておくと後で痛い目見るのが「仮想通貨」で御座います。

勉強してから買うのもよし、買ってから勉強するのもよし。

釘をぶっ刺すようで申し訳ないのですが、最初に心折っときますね。

継続して勉強出来ない人は買わないほうがいい。

これに尽きます。いや、これしか無いです。
結局取り扱う物は「金」なので損得がガチで出て来ますし、一般では味わえない程の物事の見方・見え方を経験させてはくれるでしょう。

逆に言うと継続して学ぼうと思える人は買っても問題ない。ってことになります。

この世界で必要なのは第一に知識、金ではありません。金は第二に必要。

それらを踏まえてまず理解する事から始めましょう~


スポンサーリンク





予備知識

どっちにしろですね、勉強しないと最終的には「負け」ってのがやってきます、いや、勉強してても負けるんですけどね(笑)

僕が言う負けとは全資金を溶かしてスッテンテンになって

落ち込む

こんな感じ

探し物

リアルにこんな感じ

になってその世界から退場して行く人を「負け」と言っています。

取引の中で資金の一部を失うのは「負け」ではありませんよって事ですね。

それを自覚した上で買うか買わないか(参加するかしないか)を決めましょう。

そこで基本中の基本で知っておかないといけないのがブロックチェーンって何だろな?って話になるんですが。それは二の次です。

説明を見ても解らない場合、パソコンなどの知識から勉強したほうがいいかもしれません。

昔からそうですが「最先端は売れる」、しかし大きな問題があります。

買えば儲かるなんて考えていたら他人にお金持って行かれる世界だと知っておくことです。

為替・株式 「投資系」で一躍ブームになっていたこれらは現代のブームで言うと「仮想通貨」ってなっているだけなので、これに気付くか気付かないかで今後大きく損するかしないかが深く関わって来ます。

システムは全く違いますが、本質は同じです。

全て自己責任で行える人だけが最終的に生き残れるマネーゲームです。

(勿論、先ほどの詐欺などの人はマネーゲームじゃありませんって言います)

自己責任で参加するのは自由です。僕らのような人達はお金が無くなっても余裕で平気でいられます。

しかし、「何か」「誰か」によって影響を受けて始める人は、何か・誰かによって影響を受け続ける以上最終的には破産してしまいます。

知人でも10~20万円を元手にして最終1000~3000万円にした人が何人かいます。その人達は今どうしているのかと言うと、全資金がすっからかんになってしまい、新たに入金したり辞めたりしています。大きな原因は「リスク管理」を知らなかったためですね。

そしていつしか音信不通。。。。(笑)

そんな世界なんだよ~っと言うのは頭にいれておくようにしましょう。


スポンサーリンク





やるならこれをやるべき

今まで具体的な事を書いていませんが、このリスク管理と言うのが最も重要だと言う事を忘れてはいけません。

何がどうなの?と言うのは勉強していく内に理解出来ます。

一番やるべき事は先に利益を求めるのではなく、いかに上手く損していくかの練習をすべきでしょう。

勿論、基本的な知識は必須ですが基本的なその知識より大事なのが「リスク管理」です。

しつこく言うのはこのリスク管理が出来ない人が破産しているからです。

自分の欲望と上手く付き合い、仮想通貨の世界に私情で見ない。損しても平然、得しても平然といられるようにしなければなりません。

手法に頼る人もこの先増えてくるかと思いますが、危険性を熟知しての継続が命です。

大きく勝とうとする者は大きく損する可能性も上がり、小さく勝とうとする者は小さく損する可能性があります。

初心者にありがちなのは頭の中が「儲け」だけになる人です、損したくなければいかに上手に損失を出して行くのかが課題なわけですが、損したら大きく勝つ方法を考えてしまいます。

その行動に出てしまうと更に大きな損を生み出してしまいます。

これは人生も同じで負の感情の連鎖というものですね、具体的な方法はめちゃめちゃあります、どの方法を取るのかはあなた次第です。

例えば、手元の資金で1回の損失を総額の2%までに抑えておくとか

1ヶ月の損失が5%を超えてしまったら1ヶ月は取引せずにそれ関係の本を5冊読むとか。

勉強しながら自分をコントロールする方法を見出す事です。

「我慢」や「面倒」なんて思う気持ちがあった場合も自分が作った自分ルールをぶち壊しにしてしまう行動を取ってしまうのでいけません。

もっと具体的方法をお教えしたいのですが、かなりの文章になってしまったので次回と言う事で☆

というか最後の「やるならこれをやるべき」だけ読んだら実際は事足りる事なんですがね(;^_^A

是非、これを読んでも「やってやるぜ!!!」

って思えるようになって下さい。

プロはこれを徹底しています。ここだけの話でお願いしますね。

これについてメルマガ登録~なんて事もしたくありませんし。。。。(;^_^A

堀江さんには「勿体ないねぇ~」とか言われるかもしれませんけどね!(笑)


スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る