「黒猫は不吉」は嘘。万国共通ではない。

日本ではよく言われている「黒猫が横切ると不吉な事がある」という言い伝えだろうか、都市伝説だろうか。

この話の由来は西洋で「黒猫は魔女の手下」とされていた為に出来た話だと考えます。

魔女は狩りが行われた時には沢山の黒猫が殺されたりもしました。

しかし、たったこれだけで黒猫=不吉と考えるのは黒猫が気の毒だろう。

そしてクロネコヤマトと言う会社にも同じ事が言えるだろう。

可愛い動物も考え方では180度意味が転換される。

ではここで黒猫にまつわる縁起の良い話をご紹介します。

アメリカやイングランドでは「黒猫が住み着くと幸運が訪れる」「結婚する時に黒猫を贈ると縁起がいい」と言われており、前者の縁起が悪いと言う考え方とは全く逆の風習となります。

スコットランドでは「家の前に知らない黒猫がいると繁栄がもたらされる」と言い伝えられています。

更に衝撃的事実ですが、縁起がいいとされるアノ「招き猫」

招き猫の由来とも言われる「道に迷った大田道灌(おおたどうかん)を自性院に手招きしながら案内した猫」も実は黒猫だった。

【大田道灌とは室町時代後期の武将で江戸城を築城した事で有名、謀殺されてこの世を去った悲劇の武将としても名高い人物】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る