「日本」の読み方、二ホン?ニッポン?どちらが正しいのか。

僕たちが住んでいる国は「日本」。

読みを訪ねると、「二ホン」と答える人もいるし、「ニッポン」と答える人もいますね。

さて、まるでカレーライスとライスカレーどっちが正しいのか?と言うような論点になってきますが。

結論から言うと

どっちでもいい。

全くつまらない結論なのですが。。。。

結構古い話になってしまうけれど広辞苑では「日本」という項目には「現在も読み方について法的な根拠はないが、本辞典においては、特にニッポンと読み習わしている以外は二ホンと読ませることにした」(広辞苑 第四版調べ)と書いていたりします。

1934年に文部省臨時国語調査会が呼称の統一案として「ニッポン」にすることを決めましたが、政府で承認されなかったために、これが明確な定義となることはありませんでした。

この、どうでもいい問題に対し、2009年麻生太郎内閣の閣議決定でひとまず「どちらでもいい」となったわけで。

どっちが正しいのかを論議するほど馬鹿らしい問題となっています。

一般の人達から得た情報調査では日常生活では「二ホン」と言う読み方が圧倒的に多く、

しかしながらスポーツ関係では「ニッポン」が目立ちます。

そもそも日本は民主主義で、どんどん多様化が進んでいるならではの結果と言えるかもしれない。

統計的な結果では

日本一=ニホンイチ

日本代表=ニホンダイヒョウ

日本列島=ニホンレットウ

日本=二ホン

西日本=ニシニホン

日本語教育=ニホンキョウイク

日本人=ニホンジン

日本語=ニホンゴ

と、この言葉では「二ホン」という発音が圧倒的に多く、「ニッポン」と言う人はごく少数という結果になっている。

スポース観戦での応援は?と言うと「ニッポンチャチャチャ」が圧勝。

「頑張れ日本!」というセリフでも「ガンバレニッポン」と発音されている事が多く。

日本国内では二ホンの発音が多いが、外交的な言葉になるとニッポンが多くなる。

要するに

中向け発音では二ホン。

外向け発音ではニッポンと使い分けられている傾向が強い。

そして二ホンと発音する人が年々多くなっており、ニッポン派は2016年ではわずか21%と言う結果になっており、年月が経つほどニッポンの発音が減って来ている。


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る