おせち料理は年5回食べられていた?!

おせち料理って誰もが知っているかと思います。

あのおせち料理です。

何やらゴマゴマと色々なものが沢山入ったあのおせち料理です。

僕は個人的にはあまり好きではありません。なんと言うか、無駄な物が多いと言うか。。

まぁ、このおせち料理がですね。

実は年5回も食べられていたと言うお話です。

今では、このおせち料理を新年を祝う為のもののように扱われていますが。

元々はおせち料理の事を「御節供(おせちく)」「節日(せちにち)」「節供(せっく)」などと呼ばれておりまして。

これは季節の変わり目のお祝いをする日のことです。

その日に神様へ捧げるお供え物の事だったんですね。

このお祝いの中でも特に重要視されていたのが。

1月7日の人日(じんじつ)

3月3日の上巳(じょうし)

5月5日の端午(たんご)

7月7日の七夕(たなばた)

9月9日の重陽(ちょうよう)

の5つです。これを五節句と言います。

おせち料理は元々この五節句に神様へ捧げ、恩恵にあやかろうと考えられおせち料理が食べられていたわけです。

何故、年に1回になったのかは定かな情報はありません。

入っている物を見ても手作りするにもかなりの労力と時間が必要です、昔はこれを丹精込めて作られていたそうですが、現代人にとっては他の事に時間を使いたいと考える人も増えてきたから?なのでしょうか。

様々な意味をもつ。

おせちに入っている品々は重要な意味が込められています。

・伊達巻:「伊達」には華やかという意味があって巻き物には知識や文化の発展を願う意味が込められています。

・栗きんとん:きんとんは金団と書いて本来は金色をした団子のことを指します。金運を呼 ぶ縁起物と言う意味が込められています。

・昆布巻き:昆布と「よろコブ」をかけて幸福を願う。

・紅白なます:かまぼこと同じ由来、大根 とニンジンで紅白にする。紅白は縁起のある色合わせですよね。

・鯛:鯛と「めでタイ」をかけて幸福を願う。昔は誕生日に鯛を焼いていたりもしました。

・海老:海老は曲がった姿が老人を連想させることから長寿を願うという意味です。

・里芋:子芋はその性質から沢山実り付くことから子宝を願うという意味

・レンコン:穴があいたレンコンには先を見通せるようにとの意味がこめられています。

・くわい:くわいの大きな芽に出世を願うという意味。

・ごぼう:地にしっかりと根を張ることから、強さや丈夫といった願いが込められています。

・黒豆:黒豆と「まめに(勤勉に)」をかけて、1年中「まめ」に働けるよう健康を願います。現代の人もこの言葉はよく使うかと思います。

・数の子:ニシンの卵である数の子は子孫繁栄の願いが込められています。

・田作り:昔、稲作にイワシを肥料として捲き大豊作になった経緯があったことから、稲の豊作を願うという意味になります。

・紅白かまぼこ:紅白は吉事の色を示します。

このように様々な意味が沢山あります。

お重に詰めるのも「良い事が重なるように」との願いが込められているので、お重に入っています。

日本文化は奥深いですね~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る