お酢を飲んでも身体は柔らかくならない。

巷ではよく「お酢を飲めば身体が柔らかくなるよ」と聞く事はないでしょうか?

身体が柔らかい人を見て聞くと、大体はその人達はよくお酢を飲んでいるなどと聞きますが、それは大きな勘違いです。

その勘違いの多きな要因は「昔からそういい伝えられているから」でしょう。

もっとも、人間とは医学的根拠のない迷信でもすぐに信じてしまう側面も持っているからかもしれない。

実際、実用的なお酢の使い方では魚をお酢に漬けると骨まで柔らかくなり、そして美味しく食べやすくなるのはお婆ちゃんの知恵袋レベルで知られているでしょう。

それだったら人間も「飲めば身体が柔らかくなる」と考えたいとは思いますがそれは早計です。

何故そのような考えに行き経ったのかは確認のしようもないのだけれど、人間の柔軟さは【骨ではなく関節の柔軟さで決まる】わけですから、そして仮に骨ではなく関節に対して言っていても同じ事で、飲んだお酢は内臓の胃に入り胃によって成分が分解(消化)されてしまう。

魚のように直接的に漬け込むのとではわけが違います。

しかしながらお酢に含まれるクエン酸には疲労物質である乳酸を分解する働きがあります。

※乳酸とは筋肉を動かすと体内に発生し蓄積される成分。(これが肉体疲労の原因である)

このお酢に含まれるクエン酸を摂取する事は筋肉のコリには有効的です。

疲れが溜まっている時に摂取するのであれば問題ありません。

これにより筋肉の硬直が軽減する為、まるで身体が柔らかくなったかのように感じられるかもしれません。


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る