立派な上司は人任せ?

他人に仕事を任せられない上司は数多くいると思います。

以前書いた記事での報連相の話でもそうですが、部下を信頼出来なければ仕事を任せるどころか独裁的思考に陥ってしまう事もあるでしょう。

この【人任せ】と言い方は少々語弊を生みやすい言い方かもしれませんが、そもそも上司とは自分が担当している部署や班を円滑に動かし社内の環境整備や士気向上などを考えその力を最大化しなければいけない役割を担っています。



スポンサーリンク





ダメな上司と言われるのは、何を勘違いしているのか【部下より賢くないといけない】【偉そうにならないといけない】【役職は偉い】【自分を棚に上げてでも指摘しなければならない】等々。

色々な考えがあると思いますが、部下の士気を下げていては何の意味も無いと言う事です。

勿論、部下の中には【ナニクソ精神】や【ハングリー精神】を持っている人物も少なからず居るでしょう。上司の態度を見て見返す為に仕事を頑張れる人はそれでいいかもしれません。

ですが部下の面倒を見ている上司はそれさえも個々にある事を理解しなければなりません。

単純に【指示すれば部下は動く】と考え過ぎで相手も人間だと言う事を忘れてしまっている人は少なくはないでしょう。

指示すればその通りに動くでしょうが相手が好んで動くのと嫌々動くのとでは結果は大きく異なって来ます。

会社の一般的な位

先ほどから上司上司と言っていますが、上司と部下の境目も実際は曖昧なもの。人間の意識そのものに依存する認識になります。

通常の会社、つまり一般的な位は次の通り。

名誉顧問

最高顧問

顧問

相談役

名誉会長

会長

社長

筆頭副社長

副社長

専務

常務

取締役

経理担当役員

非常勤役員

監査役

本部長

本部長代理

部長

次長

副部長

支店長

所長

課長

室長

課長代理・補佐

班長

係長

主任

となります、上から偉い人で下に行くにつれ位は下がっていきます。これは一般的な概念であり、実際の力関係は会社ごとに異なりますし、この役職の呼び名じたい無かったりやあったりする曖昧なものでしかありません。

位で考えるよりもどんな役割を行っているのか?で考えるほうがしっくりくるかもしれません。

下に行けば行くほど位が曖昧になり、会社によっては班長より主任のほうが偉いと考える企業もあるようです。

【上司】とはこの本人の立ち位置から上の位を上司と考えます。


スポンサーリンク





会社の流れ

上の位になるにつれ判断したり決定したりする権限の度合いが大きくなりますし、細かい所の決定は位が低くなったりと会社自体の考え方や方針によって判断・決定するものも異なってきます。

ここで、部下を信用出来ない上司が存在してしまうと指揮系統が麻痺したり、上部クラスとの接点が無いはるか下の部下にも大きな影響を及ぼす事になります。

身体で言うと心臓の動きが不安定になり血流が良くなったり悪くなったり。血流が悪くなる事で様々な部位に問題が発生したりといった具合です。

話が大きくなればなるほど「よくわからない」となって来ますのでこの話はこのへんで。

上司の役割

勿論、自分は偉いからと言って自室で葉巻をふかしながらくつろいでいたり、机の上に足を置いたりしていては上司失格なわけですが、どこまで仕事を他人に任せらせるか?によって仕事が出来るか出来ないかが変わってきます。

会社が大きくなればなるほど自分の力だけで会社を動かす事が難しくなってきます。

日本での一般論である【なんでも自分でしようとする】という考え方とではそもそもの論理が違う事に気付きはしないでしょうか。

役職によってやっている事が異なるので任せられる部分と任せられない部分が大きく異なってきますが、部下に好き放題やらせて失敗した時だけひょっこり現れきちんと叱りきちんとフォローするのが主な上司の役割だと言えるでしょう。

自身の失敗談は部下に教えるも部下には失敗させ成功へ導いていくのが上司の本来の仕事です。

よくない上司の典型例。

人間とは面白い事に、地位を持つとその地位を手放したくなくなってしまい、その地位そのものにすがりついたり、あぐらをかくようになったりします。

その執着心から部下の手柄は自分の手柄だと思い、自分より賢くなってはいけないと考えます。

優秀な部下はそれを見て心折られ士気を大きく下げてしまうでしょう。

権限を与えず全てをコントロールしたいが為に全部自分で決めたがります。

部下が何をやっても褒めない。

上司の上司へは誤魔化しを行い、隠滅を行う。部下はそれを知っていても口封じさせられ、口をつむげば同罪とみなされる。

密告すれば裏切り者と判断される。

自分の地位が危うくなる事を恐れ部下が這い上がって来るのを妨害しようとする。

人の悪口や文句が多い。

この全ての条件に当てはまる人はそういないかもしれませんが自分の事しか考えられない人ほど上司には不向きな人格だと言えるでしょう。

立派と言える上司

相手を尊重し、やるべき事を継続的にやっているだけでも褒める。

何か新しいアイデアを思い付いても褒める。

自分の持っている権限を部下にも与え、本人にも考える行動を誘発させる。

上下関係は二の次で部下がのびのびと働ける環境整備を最優先と考える。

人間は争いが多いかもしれないが基本的には協力する種であると認識している。

上司そのものは部下がいないと上司になれない、自分ひとりでは何も出来ないと理解している。

部下の話を聞き出来る限りの対応を行う。

会社の成績が悪ければ「実績を上げろ!」と言うのではなく士気を上げる事に専念する。

ごり押しではなくテコの原理を使う。

自分だけではなく、抽象的な思考をもっている人が上司に向いている人格だと言えるでしょう。

持論は様々あるかもしれませんが、相手が人間である以上、気の動きを理解するしかありません。

お金を稼ぐ事も大事ですが、充実感や達成感といった精神論も大事だと言う事です。


スポンサーリンク






トップへ戻る