心理テスト「トラブル対処」診断

心理学とはそんな単純なものではありませんが4択である程度調べる事が出来ます。

今回はトラブル対処を診断します。

人生、生きてればトラブルはつきものです。

あなたは何かトラブルが起きた時にどうのような対処をしやすいのでしょうか。

トラブル対処診断

あなたは近くの友人に呼ばれました。

友人の家にやってきたものの

インターホンを押しても誰もフォアを開けに来ません。

心配になったあなたは最初にどんな行動をおこしますか?

a、強引にドアを開けてみる

b、大声を出して呼んで開けてもらおうとする

c、裏口にまわってみる

d、諦めて帰る

この選択によってなたがトラブルが起きた時にとっさにする対処法がわかります。



スポンサーリンク






aを選んだあなた

心配になって強引にドアを開けようとしたあなたは。。。。

力わざ派

強引にドアを開けるあなたは、トラブルが起きた時に割と強引に押し通してしまいます。

それで解決できなかった場合に大きな問題になるので注意しましょう。

bを選んだあなた

大声を出して呼んでみたあなたは。。。。。

説得する派

大声を出すあなたは相手を説得して納得するまで話すタイプと言えます。

もっとも根気のいる作業ですが、一番有意義な方法であり合理的な考え方なのかもしれません。

cを選んだあなた

何かあったのかと裏口にまわったあなたは。。。。。

あっさり派

裏口を探すあなたは、割とすぐに気持ちを他に切り替えて別の方法で解決法を考えるタイプです。

ですが諦めやすいところもあるかもしれません。

dを選んだあなた

反応が無いのであきらめて帰ってしまったあなた。。。。。

負けをすぐに認める派

あきらめて帰ってしまったあなたはトラブルに関わる事が大嫌いな性分でしょう。

関わるくらいなら帰りたいと思うタイプと言えます。

トラブルを回避するのはもちろん大事な事ですが、目の前のトラブルから目を背けていては友達をも無くす可能性があります。

いかがでしたでしょうか。
当てはまる方はいらっしゃいましたでしょうか?

出てこない知人への対処ほうはトラブルが起きた時のあなたの対処の仕方を表しています。

勿論トラブルの相手の人格に合わせて使い分けるのがもっとも有効的ですが、まず最初にどのような対処を取るのかがわかる事でしょう。


スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローにご協力下さい♪

トップへ戻る