ウナギには毒がある。

土用の丑の日には「ウナギ」と知られていますが、年中好きにウナギを食べている僕です。

まぁ、そんな事どうでもいいのですが。

今回のお題はウナギについてです。

ウナギは蒲焼で食べるのが定番ですね、お寿司屋さんでも蒲焼でネタとしてのかっているのが殆どだと思います。

そこでふと疑問になる人もいるんじゃないでしょうか?

刺身が無い。

そうです、ウナギに刺身が無いのはちゃんとした理由があるわけです。

ウナギ、アナゴ、ウツボ、ハモ等のウナギ目と言われる魚類では共通の特徴として血液に「イクチオヘモトキシン」というタンパク質の毒が含まれているからなんですね。

そう、ウナギには

【毒】があるんです。

しかし、命を落とすほどの【猛毒】でないのでそれほど知られていないのかもしれませんね。

食品として同じ扱いのウナギとアナゴですが、持っている毒の強さもほぼ同じ。血清1mlで、体重が約20gのマウスを60〜150匹も殺すことができるそうです。(試していないので何とも言えませんが)

なかなかの威力を発揮するように感じます。

刺身が無いのはまさにこの毒があるからで、この毒を含む血液を【完全】に取り除かない限り生食は出来ないと言う事になります。

水で洗い流すにも毒をきちんと取れなかった場合、イクチオヘモトキシンが体内に入り、そのタンパク性の毒にやられ人間は呼吸困難や吐き気などの症状を起こします。

そんな物を何も知らずに、そして美味しく食べれるには理由があります。

このヤバそうな毒イクチオヘモトキシンですが。

熱に非常に弱く、60度以上の熱で5分ほど過熱すれば成分分解してしまうので、火を通せば余裕で食べられるというわけです。

ですから、実は毒を持ってる危険そうなウナギでも、火を通せば普通に食べられるわけですが、生は毒があるから刺身が無いのですね。

しかし!

毒があるから刺身で食べられない。と言いましたが、それに逆らい、手間暇かけて毒を取り除き「美味しいウナギの刺身」を提供しているお店も実在します。

いくつかそんなお店が存在するのは確かなので。

「ウナギの刺身食べたい」でググってみるのも面白いかもしれませんね。

感覚的にはフグと同じようなイメージではないかと。


スポンサーリンク






トップへ戻る